動画編集のためのパソコン選び スペック別徹底解説

目次

動画編集のためのパソコン選び 基礎知識

動画編集のためのパソコン選び 基礎知識

動画編集に求められるパソコンの基本スペック

動画編集に必要なパソコンの基本スペックを選ぶ際、まず注目すべきはプロセッサーです。

複雑な演算が求められる動画編集ソフトウェアは、高速なCPUを要求し、多くの場合、IntelのCore i7以上またはAMDのRyzen 7以上を選択すると良い成果が期待できます。

RAMは、動画編集作業において重要な役割を果たします。

最低限16GBはあると快適に作業が展開されますが、4Kや8Kのような高解像度のプロジェクトを扱う場合は32GB以上を推奨します。

次に、グラフィックカードに着目します。

GPUの性能がアップすることで、レンダリングなどの負荷の高い処理を効率的に行えるようになります。

特にAdobe Premiere ProやDaVinci Resolveといったソフトウェアでは、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズがより快適な編集環境を実現します。

さらに、動画データの読み書き速度は編集作業のスムーズさに大きく影響します。

そのため、ストレージはSSDを選ぶことが鉄則です。

可能であればNVMe対応のM.2 SSDを選ぶと、従来のSATA SSDよりも高速なデータ転送を実現できます。

容量が大きめのものを選択することで、より多くのプロジェクトを同時に手がけることも可能になります。

これらの要素を総合して動画編集用のパソコンを選ぶ際は、現在の編集ソフトウェアが求める最小スペックを把握し、また、今後の技術進化にも対応できる余裕を持った構成を心がけることが、長期間にわたって快適な動画制作を持続させる秘訣です。

適切なスペックのパソコンを選ぶことで、創造力を最大限に発揮し、動画編集のプロセスにおいて不満なく、集中して作業を進めることができるでしょう。

用途別おすすめスペックガイドライン

動画編集のためのパソコン選びにおいて、適切なスペックの理解はその作業を円滑に進める鍵となります。

例えば、低解像度のビデオブログを作成する際にはコアi5のプロセッサ、メモリは8GB程度でも十分ですが、4K解像度の映像を扱う場合や複数の映像トラックを同時に編集するような高度な作業を行う際には、コアi7以上のプロセッサやメモリは16GB以上を推奨します。

また、映像のレンダリングやリアルタイムのプレビューにはGPUの性能が大きく影響します。

特にAdobe Premiere Proのようなソフトウェアを使用する場合、NVIDIAやAMDのハイエンドグラフィックボードが有効です。

さらに、動画編集におけるストレージに関しては、作業ファイルの保存とアクセス速度を考慮し、高速なSSDを主要なドライブとして選ぶほうが良いでしょう。

重要なのは、用途に見合ったスペックのパソコンを選び、編集プロセスを快適に行うことです。

動画の種類やプロジェクトの規模、使うソフトウェアの要件に応じたスペックを押さえることで、時間や労力、コストの無駄を省くことが可能になります。

動画編集が趣味であれば、コストパフォーマンスに優れた構成が望ましいでしょうし、プロフェッショナルな編集作業を行う場合は、将来のアップグレードも視野に入れて余裕を持ったスペックを選ぶことをお勧めします。

すべては、創造するビジョンを具現化するために最も効率的な道具を選ぶことから始まるのです。

プロセッサーの重要性と最適な選び方

プロセッサーの重要性と最適な選び方

コア数とクロック速度の理解

プロセッサー、あるいはCPUは、動画編集におけるパソコンの性能を左右する中核です。

特にコア数とクロック速度は、複雑な動画処理をスムーズに行う上での決定的な要因になります。

動画編集を行う上では、マルチタスク処理が頻繁に要求されるため、複数のコアを持つ多核プロセッサーが理想的です。

コア数が多ければ動画エンコードやエフェクトの適用など、同時に多くの処理を分担して実行することが可能になり、全体の作業効率を大幅に向上させることができます。

一方でクロック速度、つまりプロセッサーの動作周波数もまた重要なポイントです。

高いクロック速度を持つプロセッサーは、1コアあたりの処理能力が高いため、特に単一の処理を素早く完了させる必要がある場合においてはその優位性を発揮します。

例えば、リアルタイムでのプレビューや軽いカット編集などでは、クロック速度の速いCPUが快適な作業環境を提供してくれます。

動画編集専用機の場合、コア数とクロック速度のバランスに優れたプロセッサーを選ぶことが求められます。

具体的には、コア数が多くなおかつ各コアが高速で動作するモデルを選ぶと良いでしょう。

このようなプロセッサーを選択することにより、複雑な動画エフェクトの適用や、4K、8Kといった高解像度動画の編集作業でも快適に対応できる環境を整えることができます。

結局のところ、動画編集を行う上でのPCスペックにおいては、効率的でストレスのない編集作業のためにも、プロセッサー選びにおけるコア数とクロック速度の両方に注目し、総合的なパフォーマンスの高いモデルを見極めることが肝心です。

高品質な動画制作を目指すなら、これらの要素は逃せないポイントとなるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41157 2423 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41106 2364 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41106 2364 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38575 2084 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38499 2054 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35497 2240 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35497 2240 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33748 2214 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33748 2214 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32523 2108 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32523 2108 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29244 2045 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28844 1975 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27027 2050 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24631 2109 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24631 2109 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22068 1955 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20356 2021 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19498 1943 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17724 1821 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16040 1783 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16040 1783 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15282 1987 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9071 1752 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9071 1752 公式 価格

動画編集に適したCPUモデル

動画編集に適したCPUモデルを選ぶ際には、処理能力が高く、複数のコアを有するプロセッサーが求められます。

例えば、Intel Core i7やi9シリーズ、AMD Ryzen 7やRyzen 9シリーズの高性能チップは、複雑なエンコーディング作業やエフェクト処理を滑らかにこなしてくれます。

これらのプロセッサーは、動画編集時のプレビューやリアルタイムレンダリングを迅速に行えるため、よりスムーズで効率的な編集作業を実現することができるのです。

さらに、高性能なCPUはマルチスレッディングに対応しており、同時に複数の作業を素早く処理することが可能です。

動画のレンダリングやトランスコーディングなどの負荷の高い作業がスムーズに進み、編集のための待ち時間を短縮することができます。

特に4Kや8Kといった高解像度の動画編集を行う際には、より多くのコアと高いクロック速度をもったモデルが推奨されます。

また、プロセッサーの選択は将来的なアップグレードの余地を考慮することも重要です。

ソフトウェアが更新されるたびに性能要求が高くなるため、ある程度余裕のあるスペックを選んでおくと、長期的に見て経済的かつ効率的な運用が実現できるでしょう。

動画編集のための最適なパソコンを選ぶには、これらのポイントを踏まえた上で、現在及び未来のプロジェクトに最も合致するCPUモデルを見極めることが大切です。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKH
【ZEFT Z47AKH スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKH

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パワーユーザー注目!革新を生む64GBメモリ搭載イノベーティブ・ゲーミングPC
均整の取れた高速性能、NVMe SSDと64GB RAMで未体験の速さを実現
静寂を纏う、CoolerMaster Silencio S600ケース。スタイリッシュで優れたサイズ感
心臓部はCore i7 14700F。ミドルハイランクの処理能力でタスクを軽々とこなす

【EFFA G05B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

ハイエンドなゲーミングPC、アドバンスドクラスの性能でゲーム世界へと誘う
RTX 4070搭載、ミドルタワーに凝縮されたパワフルバランスが魅力
エレガントなホワイトデザイン、NZXT H7 Flow、内部が輝くRGBケース
Core i7 14700KF搭載、最先端技術でシームレスなパフォーマンスを実現

【ZEFT Z45AGA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

ゲームを制覇する性能のマシン、見た目にこだわるミドルレンジの選択肢
高速メモリ64GBと1TB SSDで理想的なパフォーマンスバランスを実現
クリアパネルの白いミドルタワー、スタイリッシュさと視認性が魅力のケース
最新Core i9でプロセスを駆る、表現力豊かなクリエイティブマシン

【ZEFT Z45BHW スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

メモリ (RAM) の役割と必要容量

メモリ (RAM) の役割と必要容量

動画編集用パソコンに推奨されるRAM容量

動画編集用パソコンにおいて、メモリ(RAM)は非常に重要な要素です。

高解像度の映像をスムーズに扱うためには、RAMの容量が十分でなければなりません。

メモリが足りない状況では、プレビューやレンダリング時に遅延が生じたり、作業効率が大幅に低下したりします。

そこで、動画編集用パソコンに推奨されるRAM容量に神を向けましょう。

標準的な編集作業であれば、最低限必要なRAM容量は16GBとされています。

この容量なら、1080pの動画を無理なく編集でき、複数のアプリケーションを同時に実行する際の処理能力も一定水準を保てます。

しかし、4Kやそれ以上の解像度で動画編集をする場合や、複雑なエフェクト、カラーグレーディング、複数の動画トラックの同時編集などを計画しているなら、メモリは32GB以上が望ましいでしょう。

特にプロフェッショナルを目指すなら、更なる快適性や将来的なニーズに備え、64GBあるいはそれ以上の容量の検討も重要です。

このレベルのRAMを搭載していれば、複数の高解像度メディアの扱いや、VRといった高負荷の作業も余裕をもって対応可能となります。

これらのガイドラインに沿えば、動画編集用パソコン選びにおいて、メモリ選定の際の大きなミスを避けることができるでしょう。

結局のところ、動画編集では多くのデータを一時的に保存し、高速にアクセスする必要があり、それを支えるのが十分な容量のメモリなのです。

適切なRAMを選ぶことが、クリエイティブな作業の効率性と楽しさを大きく左右することを忘れないでください。

メモリの種類 DDR4 vs DDR5

動画編集におけるメモリは、複数のプロジェクトや大容量のファイルを同時にスムーズに扱う上で欠かすことができない要素です。

特に、昨今の高精細な動画ファイルを取り扱うには相応のメモリ容量が必要不可欠となります。

現在主流となっているメモリの種類にDDR4とDDR5があります。

DDR5はDDR4を進化させたもので、より高速なデータ転送率を実現しています。

動画編集では、このデータ転送の速さがフッテージの読み込み速度を左右し、編集作業の流れをスムーズにする重要な要素です。

例えば、大量の4Kビデオクリップをタイムライン上で扱う場合、DDR5メモリを搭載したパソコンであれば、よりレスポンシブな操作が可能となります。

しかしながら、DDR5は最新技術であるため、対応するマザーボードやチップセットが必要という点も留意しなければなりません。

一方のDDR4は互換性の広さから、多くの既存システムでも容易に組み込むことが可能です。

また、コストパフォーマンスの面でも依然として魅力的な選択肢です。

動画編集を極めたい方は、将来のアップグレードを見据えてDDR5を選択するのもひとつの戦略ですが、現状ではDDR4でも十分な性能を発揮できます。

重要なのは、メモリ容量と速度のバランスを考慮し、編集のワークフローに合ったスペック選びに臨むことです。

ですから、自分の編集する動画の解像度やビットレート、使用するソフトウェアを考え、最適なメモリ選びをすることが肝要です。

メモリ選択は単に最新かどうかではなく、総合的なパフォーマンスが求められる部分というわけです。

ストレージ選び SSD vs HDD

ストレージ選び SSD vs HDD

編集作業に最適なストレージの選び方

動画編集の世界では、ストレージの選択が作業効率と完成品の品質に大きく関わってきます。

時間との戦いが激しい編集作業において、迅速かつ安定したデータアクセスは必須条件です。

SSD(ソリッドステートドライブ)は、従来のHDD(ハードディスクドライブ)と比較して圧倒的なスピードを誇り、ファイルの読み書きが速いため、動画編集時の待ち時間を短縮することができます。

特に、大量の映像データを扱う4Kや8K編集では、データ転送速度が編集のしやすさを左右します。

SSDを使用することで、リアルタイムでのプレビューや複数のビデオトラックの同時処理がスムーズに行えるようになります。

加えて、SSDは動作部分がなく、衝撃に強いため、持ち運びが多いフィールドワークにも向いている点が魅力です。

一方でHDDは、コストパフォーマンスに優れるため大容量のストレージが必要なバックアップ用途に適しています。

しかし、動画編集の主役としては、速度面でSSDに軍配が上がります。

従って、作業用途のメインドライブにはSSDを選択し、長期保管やアーカイブ用としてHDDを組み合わせるのが一般的なセットアップと言えます。

編集作業に最適なストレージを選びにあたっては、予算と必要となる容量を見極め、作業の流れをスムーズにするために、SSDとHDDを上手く組み合わせることが重要です。

快適な動画編集ライフを送るため、ストレージ選びに気を配りましょう。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAK

力強いパフォーマンスを備えた、次世代エキスパートクラスゲーミングPCがここに登場!
バランスとパワーの絶妙な組み合わせで、ゲームも作業もこれ一台で快適に
明るい内部が透けるCorsairのクリアパネルケース、デザインも機能も抜群のマシン!
Core i5の最新パワーで、あらゆる作業をスムーズに処理。高速でキビキビ動く!

【ZEFT Z45DAK スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAK

パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

高性能ゲーミングPCで、上級者も納得のアドバンストランクモデル
バランス良く組み上げられたスペックは、高級感溢れるパフォーマンスを実現
省スペースでありながら、スタイリッシュなデザインが空間を彩るコンパクトケース
Ryzen 7 7700搭載、プロのためのパワーを余すことなく提供

【ZEFT R52N-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APB

プロ級のパフォーマンスを求めるゲーマーへ、最新のソフィスティケートスタンダードゲーミングPC
シームレスなゲームプレイのためにバランス良く選ばれた高性能スペック
Antec P10 FLUXの静粛性と洗練されたミドルタワーが纏うシックな魅力
驚異の計算力とマルチタスク性能、Core i7 14700KFが動力源

【ZEFT Z45APB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APB

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAB

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAB

ゲーマー必見のモデル、ゲームが変わる32GBメモリ搭載ゲーミングPC
スムーズなゲームプレイ、1TB NVMe SSD搭載で高速ロード特化マシン
Corsair 4000D Airflow TGの流麗さ!視線を集める透明な魅力
Ryzen 9 7900X搭載、圧倒的マルチタスク性能を誇るPC

【ZEFT R56DAB スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAB

速度と容量 NVMeとSATAの比較

動画編集を行う際には、迅速なデータアクセスが欠かせません。

ストレージの選択では、速度と容量が大きなファクターとなるため、NVMeとSATAの理解が重要です。

NVMe規格のSSDは、PCI Expressバスを利用しており、データ転送速度が非常に速いのが特徴です。

特に、4Kや8Kといった高解像度の動画編集作業では、この速度が効果を発揮し、プレビューやレンダリングの時間短縮に寄与します。

一方で、SATA規格のSSDは速度面ではNVMeに劣りますが、コストパフォーマンスに優れており、容量あたりの価格が低く抑えられる傾向にあります。

適度な速度と大容量を併せ持ち、コストとのバランスを重視するユーザーに適しています。

瞬間のパフォーマンスを重視する方はNVMeを、大量の動画データを保存する場面が多い方はSATAが適しているでしょう。

ただし、予算内で最も高性能な選択をしたいという要望に応えるためには、システムドライブにNVMeを、データストレージには大容量のSATAを用いるハイブリッド構成がおすすめです。

動画編集作業はストレージの性能が直接的に作業効率に影響を及ぼすため、ストレージ選びは非常に重要なプロセスであり、それぞれの特徴を熟知し、用途に応じた最適な選択が求められます。

適切なスペックのストレージを選定することで、動画編集の作業がよりスムーズかつ快適になるでしょう。


グラフィックカードの選び方

グラフィックカードの選び方

GPUの働きとその重要性

グラフィックカードが動画編集作業において果たす役割は、非常に大きなものです。

最新のGPU(グラフィックス処理ユニット)は、高解像度の映像データをスムーズに処理するために設計されており、複雑なエフェクトやカラーグレーディングが求められる編集作業において、その真価を発揮します。

動画編集時には、数多くのフレームを一時に読み込み、それらをリアルタイムで合成・変換する能力が要求されます。

ここでGPUが担うのは、この重い計算処理の大部分を肩代わりし、CPU(中央処理ユニット)の負荷を軽減することです。

特にGPUは、並列処理が得意なため、多くのデータを同時に高速で処理できるのが大きな利点です。

この能力は、時間を要するレンダリング作業を大幅に速めることができ、効率的な動画編集を実現する上で不可欠です。

フルHD以上の4Kや8Kといった高解像度動画の編集では、より高い性能を持つGPUが推奨されます。

また、リアルタイムのプレビューがスムーズに行えることは、編集者がクリエイティブな意思決定を素早く行う上で重要な要素となります。

グラフィックカードを選ぶ際には、導入したい編集ソフトウェアが推奨するスペックに注意を払うことが肝心です。

一般的に、動画編集ソフトウェアの開発者は、特定のGPUとの互換性や最適な動作条件を明示しています。

より快適な作業環境を実現するため、これらの推奨事項を基に適切なグラフィックカードを選定することをお勧めします。

最終的に、動画編集を極めたいと考えるならば、それに見合った能力を持つGPUを搭載したパソコンを選択することが成功へのカギとなるでしょう。

そのおかげで、アイデアを形にする過程での煩わしい待ち時間を大幅に減少させ、クリエイティブな作業に集中することができるようになります。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36136 74293 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30050 73586 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29098 68485 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26137 67663 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23702 55771 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19903 50593 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19214 51243 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17948 45986 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16970 42543 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13444 34688 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13443 35138 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13327 34504 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12449 30449 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10813 31812 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10642 28648 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10633 27563 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7327 19665 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6264 16078 130W 公式 価格

レンダリングとリアルタイムプレビューでのGPUの利点

グラフィックカードは動画編集における最も重要なコンポーネントの一つです。

特に、高品質のビデオプロジェクトや複雑なエフェクトのレンダリングには、強力なGPU(Graphics Processing Unit)が不可欠となるわけですが、レンダリング時において、グラフィックカードが持つパワーは時間を節約し、作業効率を大幅に向上させます。

現実的な影やライティング、テクスチャを忠実に再現することが求められる場面では、高性能なGPUがその計算負荷を支えるため、ユーザーはスムーズな編集体験を享受できるのです。

リアルタイムプレビューにおいても、GPUの重要性は同様に高まります。

膨大なビデオデータを扱う際にリアルタイムでフレームを再現するには、高速なデータ処理が可能なグラフィックカードが必須です。

これにより編集中にも滑らかなプレビューが可能となり、エディタは直感的な編集作業を行うことができます。

そうすることで、細かな調整が必要なカット編集やカラーグレーディングを正確かつ迅速に行うことができるようになります。

さらに、GPUはグラフィック関連のプラグインやエフェクトが多用される場合にも強みを発揮します。

これらのエフェクトは、しばしばプロセッサよりもGPUに負荷がかかる処理を要求します。

そのため、優れたグラフィックカードを選択することで、エディタはより複雑なビジュアルエフェクトを活用でき、クリエイティブな表現を幅広く追求することが可能になります。

動画編集の作業がハイレベルになるほど、GPUの選択はプロジェクトの出来上がりに決定的な影響を与えることを理解することが重要です。

このように、動画編集ではグラフィックカードがレンダリングやリアルタイムプレビューで中心的な役割を果たし、ワークフローの効率化とクオリティの向上に直結するのです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

液晶ディスプレイの選び方

液晶ディスプレイの選び方

解像度と色域の重要性

動画編集においては、液晶ディスプレイの選び方が非常に重要です。

特に、解像度と色域という二つの要素は、編集作業の質を大きく左右します。

解像度が高いディスプレイでは、より細かなディテールを確認しながらの編集作業が可能となります。

4Kやそれ以上の解像度を持つディスプレイは、精密なカット編集やエフェクトの適用において、その力を存分に発揮します。

これら高解像度のディスプレイを使用することで、映像に潜む微細なノイズや不具合も見落としにくくなります。

一方で、色域もまた、動画編集には欠かせない要素です。

広い色域をカバーするディスプレイでは、RGB色空間の豊かな色彩を表現できます。

Adobe RGBやDCI-P3といったプロ仕様の色域に対応したディスプレイを用いることで、映像の色彩がよりリアルに、そして鮮やかに再現されます。

これは特に、色調整やグレーディングの作業において、細かな色の調節や調和を求める場合に重要となります。

色彩の豊かさがそのまま作品の品質に直結するため、編集者にとって正確な色表示は必須の機能です。

以上の点から、動画編集用のパソコンを選ぶ際は、解像度と色域に優れた液晶ディスプレイに注目することが求められます。

クリエイターたちが作品に対して求める精度は年々高まっており、それに応えるための技術的な選択は、より精緻に、より慎重に行うべきだと言えるでしょう。

パネルタイプ別の特性とおすすめモニター

動画編集を迫真の現場として取り組む際、液晶ディスプレイはアーティストのキャンバスにほかなりません。

パネルタイプによって視覚的な特性が変わり、作品の臨場感に直結します。

例えば、IPSパネルは色彩の正確さが要求される編集作業に最適です。

鮮やかな色合いと広い視野角を備え、多角度からの閲覧にも色の歪みが少なく、繊細なカラーグレーディングには欠かせない選択肢となります。

一方、TNパネルは応答速度が速いことが魅力とされ、アクション映像の編集など、動きの速いシーンを扱う際にその真価を発揮します。

しかし、色の正確さや視野角には劣るため、適用範囲は考慮する必要があります。

VAパネルはコントラスト比が高く、暗いシーンを映す際に深みのある黒を再現し、映画的な雰囲気を創出するのに適しています。

ただし、IPSパネルに比べると色再現に若干の劣りが見られるため、注意が必要です。

編集者の目的に最も符合したディスプレイ選びは、最終的な作品の品質を大きく左右します。

実際のモニター選びにおいては、特定のパネルタイプへの偏りを避け、自らの編集スタイルや主題に沿ったバランスを見極めることが重要です。

プロフェッショナルな編集作業においては、適切なディスプレイがクリエイティブな選択を支え、視聴者にも伝わる感動的な作品を生み出すための鍵となります。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A
【ZEFT Z49A スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

ゲームもクリエイティブもスムーズにこなすバランス型ゲーミングマシン
最新ゲームが快適、16GB DDR5とRTX 4060Tiの威力を堪能
省スペースを追求、透明感あふれるコンパクトNR200P MAXケースで魅せるデスクトップ
Core i5 14600KF、最新世代がもたらすスマートなパフォーマンス

【ZEFT Z44FA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

ハイスタンダードなゲーミング体験をコミットする、バランスも抜群のこのモデル
RTX 4060Ti搭載、快速32GB DDR5メモリで極限まで引き出すスペックの絶妙なハーモニー
スペースを彩る、スタイリッシュなコンパクトケースでデスクトップをモダンに
Ryzen 5 7600搭載、高速かつ効率的なプロセッシングでラグをゼロに

【ZEFT R52F-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

高性能と実用性を兼ね備えたハイバリュースタンダードゲーミングPC、プレイを次のレベルへ
均整のとれたパワーハウス、確かな安心感と共にスムーズなゲーム体験をお届け
スタイリッシュな見た目と便利さを誇るミドルタワーケース、空間にエレガントな一台
快速Core i7でタスクを一掃、ハイスペックCPUで留まる場所なし

【ZEFT Z47BJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

動画編集用パソコンの適切な電源ユニット(PSU)選択

動画編集用パソコンの適切な電源ユニット(PSU)選択

効率と安定性 80 PLUS認証を理解する

動画編集用パソコンの心臓部とも言える電源ユニットの選択は、効率と安定性を確保するために重要です。

80 PLUS認証は電源ユニットの効率を示す国際的な基準であり、この認証を受けた電源ユニットが高いエネルギー効率を提供している証とされています。

例えば、80 PLUS Bronze認証を受けたユニットは、負荷が20%、50%、100%の時にそれぞれ82%、85%、82%以上の効率を実現します。

動画編集の作業では、時にはプロセッサやグラフィックカードをフルに稼働させるため、電源ユニットに連続して安定した電力を供給することが求められます。

80 PLUS GoldやPlatinum認証を受けた電源ユニットではさらに高い効率を保ちますが、その分価格も上昇するため、使用する動画編集ソフトの要求スペックや編集作業の頻度を考慮して、最もコストパフォーマンスに優れた選択をすることが肝要です。

また、効率の高い電源ユニットは無駄な電力を減らし、オーバーヒートのリスクを低減します。

これにより長期的にはシステム全体の耐久性にも寄与し、安定した動画編集環境を保つことが可能です。

さらには、高効率な電源が熱を少なく生み出すため、冷却ファンの回転数を減らし、静音性を高める効果も期待できます。

動画編集に没入するためにも、静かな作業環境を維持することは意外と重要なポイントです。

これらの事実から、動画編集用パソコンにおける電源ユニット選びでは、80 PLUS認証のレベルを考慮する必要があります。

ただし、最上位の認証を目指すよりも、用途に適した効率性とコストのバランスを見極めるべきです。

安定した動画編集環境を構築する際には、このような知識が結果的に作業の品質を左右することを意識して選択してみてください。

適正な電源容量の計算方法

動画編集用パソコンの適切な電源ユニット(PSU)を選択する際、適正な電源容量の計算は非常に重要です。

電源容量が足りなければシステムは不安定になり、過剰であれば無駄な電力消費となります。

まず、メインのコンポーネントであるCPUとGPUのTDP(熱設計電力)を調べます。

これにより、これらの部品が最大効率で動作する際に必要とする電力がわかります。

次に、それぞれのストレージデバイス、RAM、および追加のカードや周辺機器が消費する電力を加算します。

これらの合計がシステムが必要とする最低限の電力です。

しかし、ピーク時の消費電力や将来のアップグレードを考慮して、最低限の電力プラス少なくとも20%~30%の余裕を持った電源容量を選ぶことが賢明です。

例えば、計算した総必要電力が450Wだった場合、650Wから750Wの電源を選択すると良いでしょう。

高効率の電源ユニットを選ぶことも重要で、80 PLUS認証のものは消費電力に対する変換効率が高く、長期的には電力コストの節約にもつながります。

これらのステップに注意して電源ユニットを選ぶことで、安定したシステム運用が可能となり、動画編集作業中の不意のトラブルからあなたの貴重な時間を守り、作品作りをスムーズに進めることができます。

適切な電源容量の計算と選択は、動画編集を行う上で快適なパフォーマンスを得るための重要なステップなのです。

冷却システムとオーバークロックの関係

冷却システムとオーバークロックの関係

エアクーリングvs水冷式クーリングの長所と短所

動画編集を行うパソコンにとって冷却システムは、高性能を維持するために重要な役割を果たしています。

エアクーリングと水冷式クーリングは、それぞれに特徴があり利点と欠点を理解することが重要です。

エアクーリングはファンを利用して熱を外部に排出する方式で、そのシンプルな構造からメンテナンスが容易でコストも抑えられるという利点があります。

さらに、比較的静音でありながらも、十分な性能を提供することが多いのが特徴です。

一方、水冷式クーリングは液体を使用して熱を効率的に移動させ、熱交換器によって排熱するシステムです。

この方式は高い冷却効率を誇り、オーバークロックを行った際にも安定した温度を維持することが可能です。

ただし、エアクーリングに比べて設置が複雑であり、価格が高めであるという点、また、稀ではありますが漏れるリスクがあるという点に注意が必要です。

これらの長所と短所を踏まえた上で、自身の用途や予算に合わせて最適な冷却システムを選ぶことが、動画編集作業において快適な環境を維持し、パフォーマンスの向上につながるでしょう。

特にオーバークロックを積極的に行う場合は、システムの安定性を保つためにも水冷式クーリングを検討する価値があります。

しかし、頻繁なメンテナンスや初期投資を最小限に留めたい場合は、エアクーリングの方が適しているかもしれません。

それぞれの選択が、動画編集というクリエイティブな作業をサポートするための基盤となることを忘れず、適切な冷却システムを選択することが肝心です。


動画編集作業におけるオーバークロックの効果

動画編集においてオーバークロックはまるで一流シェフの手になる高性能調理機器のような存在です。

オーバークロックとは、パソコンのCPUまたはGPUのクロック速度をメーカーが指定した基準以上に引き上げて、その処理能力を最大限に引き出すことを指します。

とりわけ、動画編集には多大な計算処理能力が求められ、ここでオーバークロックの効果が光るのです。

これにより、4K、さらには8Kといった高解像度の映像データもスムーズに扱えるようになり、編集作業の効率が飛躍的に上昇します。

しかしながら、高いパフォーマンスを発揮するオーバークロックには熱という宿敵がつきものです。

CPUやGPUがフルパワーで稼働する際には、相当量の熱が発生し、これを制御しなければシステム全体の安定性が損なわれてしまいます。

この問題を解消する鍵が、高性能な冷却システムにあります。

適切な冷却システムを搭載していれば、オーバークロックによる熱の増大を効率良く逃がし、パソコンの性能を長時間にわたって安定して発揮させることが可能となります。

そのため、動画編集専用のマシンを構築する際には、ただ単にCPUやGPUのスペックを上げるだけでなく、これらの部品を適切な温度で稼働させ続けるための冷却システムにも注目する必要があります。

高い冷却性能を持つ空冷や水冷などのシステムがそれを可能にし、クリエイターの集中した作業をサポートします。

オーバークロックの恩恵を存分に受けながら、安定したパフォーマンスを保ち続けることで、より一層クリエイティブな動画作りに専念できることでしょう。

動画編集パソコンの入門向けおすすめ構成

動画編集パソコンの入門向けおすすめ構成

コストパフォーマンス重視のビルド例

動画編集において、初心者が最初のパソコンを選ぶ際、コストパフォーマンスは重要な要素です。

動画編集のスムーズな操作を実現するためには、特定のスペックに注目することが不可欠です。

例えば、プロセッサは複数のコアを有するものが望ましく、IntelのCore i5やAMDのRyzen 5シリーズが適しています。

これらは複雑なエフェクトや複数のトラックを扱う際に、余裕を持った処理能力を提供し、快適な編集環境を構築します。

また、RAMの容量も動画編集において重要です。

最低限8GBは必要ですが、16GBあれば余裕を持って作業でき、複数のアプリケーションを同時に開いてもパフォーマンスが落ちにくくなります。

グラフィックカードについては、NVIDIAやAMDの中級クラスであれば、4K解像度の動画編集もスムーズに行えます。

さらに、ストレージには速度が重要で、SSDを選択することで、データの読み書き速度が向上し、全体の作業効率が大幅に改善されます。

このようなスペックを備えたパソコンは、動画編集における基本的なニーズを満たすだけでなく、将来的により複雑なプロジェクトに挑戦する上でも十分な性能を確保するでしょう。

コストパフォーマンスに優れたパソコンを選ぶことは、動画編集の学習初期において理想的な投資となります。

これにより、ユーザーは技術の向上に集中でき、創造性を最大限に発揮することが可能になるでしょう。

将来に渡るアップグレード可能性を考慮した構成

動画編集用のパソコンを選ぶ際に、将来のアップグレード可能性を考慮することは非常に重要です。

始めは必要最低限のスペックで始めても、徐々に作業の要求が高まるにつれて、追加でメモリを増設したり、より高性能なグラフィックカードに交換したりする機会が出てきます。

したがって、拡張性の高いマザーボード選びがカギとなります。

PCIeスロットやメモリスロットが豊富にあれば、将来的にハードウェアを追加しやすくなります。

また、プロセッサのソケットタイプも重要なチェックポイントです。

同じソケットタイプを使用する性能の高いCPUへの交換余地を残すことで、パソコンの寿命を大きく延ばせます。

更に、高速なストレージへの交換や増設を見越して、余分なストレージコネクタを備えた構成を選ぶと良いでしょう。

さらに動画編集においては、レンダリングやエンコードの速度が大きく変わるため、CPUとGPUのアップグレードパスも念頭に置くべきです。

特に4K以上の高解像度動画の編集を見越す場合、将来的にはより多くのコアやスレッドを持つCPUや、専用の動画編集ツールに最適化されたGPUへのアップデートが必要になるかもしれません。

最後に、電源ユニットは将来のアップグレードを見込み、余裕を持ったワット数のものを選択してください。

高性能な部品への交換や追加は消費電力の増加を伴うため、初めから余裕のある電源容量を確保することで、安心してアップグレードを行えます。

以上のポイントを押さえたパソコン構成を選べば、初心者からゆっくりとスキルアップしていく過程でも、長期的に安心して動画編集を楽しむことができるでしょう。

必要に応じたアップグレードにより、いつでも最適な動作環境を維持できるようになります。

あわせて読みたい

ゲーミングPCの寿命を見極める! 兆候と対応策

おすすめのPCありますか?

ゲーミングPCのメモリガイド ラグなくスムーズなゲーム体験のために

BTOパソコンをおすすめする理由

決定版! 高性能ゲーミングPC選び方相談所

ゲーミングPCおすすめブログ

最適化された創造力 AI画像生成に必須のおすすめPC

デスクトップPCガイド

音楽制作PCとDAWの選定術 ジャンル別の推奨スペックとは?

BTOパソコンX

ゲーマー必見! おすすめゲーミングPCで勝利を掴め

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

仕事からゲームまで! おすすめデスクトップPC完全ガイド

おすすめのPCありますか?

BTOパソコン カスタマイズでフルに活かすハイエンド選び

ゲーミングPCおすすめブログ

配信マスター必携! 最高のパフォーマンスを誇るゲーミングPCおすすめ

初心者でも分かるBTOパソコン入門

仕事を変えるおすすめ「AI PC」 エキスパートによる選び方

BTOパソコンX

静音PCの選び方 プロが教えるおすすめの環境

パソコンのTierを知ろう

ビデオ編集を快適にするPC選び おすすめのハードウェアとは?

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

映像クリエイターが求めるパソコン 編集作業をスムーズに

デスクトップPCガイド

画像編集用PCの魅力 プロが教える効率的なおすすめハード選び

ゲーミングPCおすすめブログ

ノイズを排除 おすすめ静音PCで理想の作業環境を

BTOパソコンをおすすめする理由

フルカスタマイズ可能! プロがおすすめするBTOパソコンの選び方

パソコンのTierを知ろう

RTX4080 SUPERで勝ち抜く! eスポーツ御用達ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

音楽制作PCの要 これがあればDAWが極限まで使える!

おすすめのPCありますか?

プロの映像クリエイターがおすすめする、パソコン購入完全ガイド

デスクトップPCガイド

画像生成AIを活かす! プロおすすめのPCスペック徹底解説

初心者でも分かるBTOパソコン入門

ゲーム用パソコンの進化! 選び方とトレンド分析

BTOパソコンX

クリエイティブワークに最適! AIイラスト向けおすすめPCリスト

ゲーミングPCおすすめブログ

ゲーム実況完全攻略! 性能別おすすめPCベストセレクション

パソコンのTierを知ろう

ライブ配信初心者向け! おすすめエントリーレベルPC

初心者でも分かるBTOパソコン入門

映像クリエイター冥利に尽きるパソコンの選び方とは?

おすすめのPCありますか?

おすすめのCore i7PCで実現する究極のゲーム体験

デスクトップPCガイド

エスポーツ勝者の選択! トップおすすめBTOゲーミングPC

BTOパソコンX

プログラミング用パソコン革命 プログラマーに贈るおすすめガジェット

BTOパソコンをおすすめする理由

おすすめPCが支えるプロダクションレベルのライブ配信

パソコンのTierを知ろう

プロストリーマーの選び方! ゲーミングPC配信のおすすめ

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次