ゲーム実況から教育まで! おすすめライブ配信PC一覧

目次

ライブ配信PCの選び方ガイド

ライブ配信PCの選び方ガイド

配信の種類別おすすめスペック

ライブ配信に最適なPCを選ぶ際には、配信の種類に応じたスペックの検討が必須です。

ゲーム実況や教育コンテンツ、音楽演奏など、コンテンツによって求められるPCの性能は異なります。

例えば、高解像度でのゲーム実況を行う場合、ゲームの動作を滑らかにする強力なグラフィックスカードと、複数のプロセスを同時に効率的に処理することができるマルチコアのCPUが求められます。

また、ゲームと同時にウェブカメラやマイクを使用することを考えると、十分なメモリ容量と、複数の高速データ転送ポートが備わったマザーボードも重要です。

一方で、教育コンテンツの生配信では、高品質なビデオを長時間配信する耐久性と、複数の生徒とのインタラクションをスムーズに進めるための安定したインターネット接続が求められます。

ここでのキーポイントは、信頼性の高いネットワークカードと、長時間作業にも耐えうる高効率の冷却システムです。

さらに、音楽をライブ配信する際は、オーディオインターフェイスとの互換性や、ミックスダウン時の処理速度が要求されるため、応答速度の速いSSDや高速なRAMが欠かせません。

最適なライブ配信PCを選ぶことで、配信者はより鮮明な画質、クリアな音質で視聴者にコンテンツを届けることが可能となり、それはまさに彼らのクリエイティビティや専門性を最大限に発揮するための土台となるのです。

予算に応じたライブ配信PCの選び方

ライブ配信を始める際に、機器選びを誤るとストリーマーとしての成長を妨げかねません。

特に配信用のPCは、予算に応じて最適な選択を行うことが欠かせません。

まず、配信のクオリティを維持しつつ経済的負担を最小限に抑えたい場合、入門レベルのPCからスタートするのが賢明です。

ここでは、基本的なゲームやカメラとマイクの接続がスムーズに行える程度の性能を重視しましょう。

一方、ゲーム実況を主に考えているなら、複数のアプリケーションを同時に動かしながらでも快適な配信ができる、中級者向けのPCが適しています。

このクラスでは、高品質なストリーミングを実現するために、強力なCPUと十分なメモリ容量、そして高性能なグラフィックスカードが求められます。

フルHD以上での配信を計画している場合や、複雑なシーンを在宅で伝えたい教育配信者には、特にこれらの要素が重要となります。

プロフェッショナルなライブ配信を目指している方や、多くの視聴者に高画質なコンテンツで応えたい場合は、高額となるもののハイエンドPCの投資を検討すべきです。

頻繁なアップグレードを避けるためにも、最初から将来的なニーズを見据えて快適な配信ができる余裕のあるスペックを持ったPCを選ぶことが賢明です。

最新のゲームや高解像度のビデオ編集も問題なくこなせるため、視聴者に最高品質の体験を提供することが可能になります。

予算に応じたライブ配信PCの選び方は、配信者の目指す水準と将来像を反映する重要なステップです。

取り組みたいコンテンツや目標にマッチしたPC選びによって、配信の可能性は大きく広がります。

自身のビジョンと予算をバランスさせながら、最高のライブ配信体験を視聴者に提供できるPCを見つけましょう。

長時間配信を考慮した冷却機能の重要性

ライブ配信時には、PCが長時間にわたって高いパフォーマンスを維持しなければならず、そのためには優れた冷却機能が重要です。

配信中、PCは複数のプロセスを同時に実行し続けるため、内部の温度はすぐに上昇してしまいます。

特にCPUやGPUは高温になりやすく、これらのコンポーネントが過熱するとパフォーマンスが著しく低下してしまい、最悪の場合はハードウェアの故障を招く恐れもあります。

冷却機能としては、エアフローを最適化したケースデザイン、高性能なファンやヒートシンク、さらには水冷システムを選択することができます。

エアフローを良くするためには、ケース内の配線を整理して空気の流れを遮るものを減らすことも重要です。

また、ファンの回転速度をコントロールする機能を備えたPCを選ぶことで、騒音が気になる場合でも効率的に冷却を行うことが可能です。

水冷システムを採用することで、他の冷却方法に比べて高い冷却効果を得られる可能性がありますが、メンテナンスが必要な点やコストの問題も考慮する必要があります。

どの冷却方法を選択するにしても、配信中のPCの安定性を保つためには、PCのスペックや自身の利用環境を考えながら、最適な冷却機能を持つ製品を選ぶことが欠かせません。

完璧なライブ配信体験のためには、冷却機能に投資することが長期にわたって実を結ぶことになるでしょう。

パフォーマンスと静音性、メンテナンスのしやすさをバランス良く取り入れたライブ配信PCの選択が成功の鍵となります。

ゲーム実況に最適なPC構成

ゲーム実況に最適なPC構成

高性能グラフィックカードの選定ポイント

ゲーム実況に最適なPC構成において、高性能グラフィックカードの選定は中核となる部分です。

ライブ配信で必要とされる滑らかな映像処理能力を確保するため、グラフィックカードは快適な配信体験の鍵を握ります。

選定の際には、まず配信するゲームの種類や求められる画質を考えましょう。

高解像度で詳細なグラフィックを楽しむゲームの場合、4K対応や高いフレームレートを維持できるグラフィックカードが望ましいです。

次に、グラフィックカードのメモリ容量も重要な要素です。

メモリが大きいほど複雑なテクスチャや大量のデータを処理できますので、多様なシーンが存在するオープンワールドのゲームや高度なエフェクトを駆使するタイトルでは、特にメモリ容量に目を光らせましょう。

さらに、エンコーディング機能も見逃せません。

ライブ配信ではPCがリアルタイムで動画をエンコードする必要があり、この作業がグラフィックカードにオフロードできるとCPUへの負担を減らし、配信の品質向上につながります。

NVIDIAのNVENCやAMDのVCEといったハードウェアエンコーダーが組み込まれたモデルを選ぶことがポイントです。

信頼性のあるメーカーからの発売製品を選び、ドライバーのサポートがしっかりしているかも確認しましょう。

安定したアップデートが提供されていることで、長期的に快適な配信活動を支援してくれるはずです。

これらのポイントを抑え、ライブ配信に最適な環境を整えることで、視聴者にとっても製作者にとっても楽しい経験が実現されるでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36136 74293 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30050 73586 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29098 68485 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26137 67663 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23702 55771 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19903 50593 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19214 51243 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17948 45986 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16970 42543 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13444 34688 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13443 35138 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13327 34504 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12449 30449 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10813 31812 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10642 28648 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10633 27563 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7327 19665 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6264 16078 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

CPUの選び方とおすすめのモデル

ライブ配信でのゲーム実況は、高解像度の映像をスムーズに配信するためには強力なパフォーマンスが求められます。

特に、CPUの選択は大切です。

高いマルチタスク能力と速度が要求され、コア数とクロック速度が配信の品質を左右するからです。

理想的なCPUは、複数のプロセスを同時に扱うことができる多コア・ハイスレッドのモデルです。

例えば、Intel Core i7以上、もしくはAMD Ryzen 7シリーズのプロセッサは、その強力なパフォーマンスでゲームをプレイしながら高品質な配信を可能にします。

そして究極の選択肢としては、Intel Core i9やAMD Ryzen 9といったトップクラスのプロセッサを挙げることができます。

これらは多くのコアを有し、リアルタイムでの映像エンコードやゲーム内の負荷が高いシーンでも快適な処理を約束します。

また、高クロックのCPUを選ぶことは、ゲームの応答速度を良くし、視聴者にストレスのない見ていて快適な実況を提供できることを意味します。

冷却システムへの配慮も忘れてはいけません。

パワフルなCPUは発熱しやすいため、適切な冷却が不可欠です。

最終的には、ご自身の予算と配信内容に合わせて、最もバランスの取れたCPUを選ぶことが重要です。

高性能なPCであればあるほど、配信のクオリティが上がり、視聴者を引きつけることができるでしょう。

それでは、ゲーム実況をさらに魅力的にする最適なライブ配信PC構成について、次のポイントへと移っていきます。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41157 2423 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41106 2364 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41106 2364 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38575 2084 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38499 2054 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35497 2240 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35497 2240 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33748 2214 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33748 2214 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32523 2108 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32523 2108 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29244 2045 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28844 1975 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27027 2050 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24631 2109 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24631 2109 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22068 1955 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20356 2021 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19498 1943 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17724 1821 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16040 1783 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16040 1783 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15282 1987 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9071 1752 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9071 1752 公式 価格

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

ハイスタンダードなゲーミング体験をコミットする、バランスも抜群のこのモデル
RTX 4060Ti搭載、快速32GB DDR5メモリで極限まで引き出すスペックの絶妙なハーモニー
スペースを彩る、スタイリッシュなコンパクトケースでデスクトップをモダンに
Ryzen 5 7600搭載、高速かつ効率的なプロセッシングでラグをゼロに

【ZEFT R52F-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48D

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48D

ゲームも仕事も滑らかにこなす、高性能ゲーミングPC
均整の取れたパワー、32GBメモリと最新のSSDで快適スピードを実現
静音性を追求したCoolerMasterケース、洗練されたデザインでスペースに溶け込む
次世代を見据えたCore i7-14700F、躍動的な処理能力で先を行く

【ZEFT Z48D スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48D

パソコンショップSEVEN ZEFT R44CG

パソコンショップSEVEN ZEFT R44CG

高速な実行力で極限のゲーム体験を支えるゲーミングモデル
直感的プレイが可能、16GBメモリと1TB SSDでゲームも作業もスムーズに
コンパクトなキューブケースで場所を取らず、スタイリッシュなホワイトが魅力
Ryzen 9 7900X搭載で、臨場感あふれるゲームプレイを実現

【ZEFT R44CG スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R44CG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AFB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AFB

力強いパフォーマンスを求めるゲーマー向け、アドバンスドグレードのゲーミングPC
RTX 4060Tiとi7の威力、32GB超速メモリでスムースなゲームプレイが保証されるマシン
スタイリッシュ省スペース、クリアパネルで光るCoolerMasterデザインのPC
最新Core i7 14700KF、躍動する高速プロセッシングが魅力のモデル

【ZEFT Z45AFB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AFB

快適なゲームプレイに欠かせないメモリ容量

快適なゲームプレイに欠かせないメモリ容量と聞くと、多くの方がさて、どれだけ必要なのだろうかと思いがちです。

実況配信を行いながら、複数のアプリケーションをスムーズに動作させたい場合には、特にメモリに関しては多めに見積もったほうが賢明です。

ゲーム自体の要求するスペックも重要ですが、配信ソフトウェアもまた、メモリを著しく使う要因の一つとなります。

少なくとも16GBのRAMは欲しいところです。

この容量があれば、最新のゲームと配信ツールを並行して使用する際にも、ほとんどのケースで安定したパフォーマンスを維持することが可能です。

しかしながら、もし余裕があるならば、32GBを目安にすると未来への投資とも言えます。

ゲームや配信の質が向上することを考えると、高解像度での配信や、より多くのアプリケーションを同時に使用するようになった際に、追加のメモリ容量が役立ってくるからです。

この点は、配信を行う上での長期的な視野に立った選択肢と言えるでしょう。

もちろん、予算に制限がある場合には16GBでも十分ですが、費用対効果を考慮して、後からメモリを追加できる余地を持たせる設計にするのも一つの手です。

メモリスロットを空けておけば将来、必要に応じて容易にアップグレードが可能となります。

これらのポイントを押さえつつ、ライブ配信用のPCを構成するときには、まずは現在の自分のニーズを把握し、予算内で最適なメモリ容量を選ぶことが大切です。

そして、将来的な展望も念頭に置いた上で、より良いパフォーマンスと拡張性を兼ね備えた選択を心がけましょう。

教育コンテンツ制作に適したライブ配信PC

教育コンテンツ制作に適したライブ配信PC

オンライン授業向けPCの必須要件

オンライン授業の世界では、途切れることのないクリアな映像と音声が重要な要素となります。

そのためライブ配信PCを選ぶ際には、高解像度のカメラとノイズキャンセリング機能を備えたマイクが必須であるといえるでしょう。

さらに快適な配信環境を実現するためには、複数のアプリケーションを同時に動かすことのできる十分な処理能力と、ライブ配信ソフトウェアがスムーズに動作する高速なメモリも重要です。

応答速度が早いSSDは、膨大なデータを扱う配信作業においては欠かせない要素です。

データの読み込みと書き込みが迅速に行われることで、教材の準備から配信の開始までスピーディーに進行します。

また、安定したインターネット接続を保つためには、高性能なネットワークカードの選択も見過ごせません。

無線LANだけでなく、可能であれば有線LANのオプションを備えたPCを選ぶことで、より信頼性の高い接続を確保することができるでしょう。

そして、長時間にわたるライブ配信の中でPCの熱が問題になることがあるため、効率の良い冷却システムが搭載されているかどうかもチェックポイントの一つです。

最後に、生徒からのフィードバックに迅速に対応できるよう、タッチスクリーンや高性能なグラフィックカードなど、インタラクティブな機能を備えるPCがあると、より一層授業が活気づくことでしょう。

これらの要素を慎重に考慮して、オンライン授業に最適なライブ配信PCを選定することが成功への鍵です。

多人数配信で重視すべきPCスペック

多人数配信で必要となるPCスペックには、優れたマルチタスキング能力が求められます。

教育コンテンツを作成する際には、複数のソースから同時に情報を取り入れ、それをシームレスに配信する必要があります。

特に、複数のカメラやマイクを管理しながらのライブ配信では、高性能なプロセッサと十分なメモリが必須です。

例えば、Intel Core i7やAMD Ryzen 7以上のCPUが望ましく、メモリは16GB以上を推奨します。

また、映像を高解像度でスムーズに配信するためには、強力なグラフィックスカードも重要です。

複数画面を快適に操作し、高品質なビジュアルを提供するためには、NVIDIA GeForce RTXシリーズやAMD Radeon RXシリーズなどの現行ハイエンドモデルが適しています。

ストレージに関しては、素早いデータアクセスが求められるため、NVMe対応のSSDを搭載することで、配信に必要なデータのロード時間を短縮し、より滑らかな運用を実現できます。

加えて、大量の教材データや録画ファイルを保存することを考慮し、大容量のストレージを備えることが望ましいです。

一方、インターネット接続においても、安定した配信を実現するためには、有線LANポートを備えたPCを選び、可能であれば高速なインターネット環境と併用することが重要です。

多人数配信には信頼性が不可欠であり、これらのスペックを満たすPCを選ぶことで、教育コンテンツ制作に必要なパフォーマンスを十分に引き出すことができるでしょう。


動画編集も考慮したマルチタスクPCの選び方

ライブ配信に加えて教育コンテンツを作る場合、動画編集もスムーズにこなせるパフォーマンスが要求されます。

こうしたマルチタスクに対応するPCを選ぶ際には、まずはプロセッサの性能が重要です。

高性能なCPUは複数の処理を同時に行いやすく、特に動画編集でのレンダリング作業を格段に早めることができます。

例えば、IntelのCore i7やAMDのRyzen 7以上を選ぶと、余裕をもって作業が可能です。

また、ストリーミング中に動画編集を行う場合、頻繁にファイルを読み書きするため、高速なSSDの利用がオススメです。

SSDはHDDに比べてデータアクセスの速度が速いため、快適な作業環境を実現します。

加えて、動画データはファイルサイズが大きくなりがちなので、512GB以上の容量を持つものを推奨します。

画像や映像を扱うためには、高解像度に対応したグラフィックカードも必須です。

NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズなどは、鮮明な映像出力と効率的な動画処理をサポートします。

ライブ配信と動画編集の両方で重要な役割を果たし、視聴者に高品質なコンテンツを提供することができるでしょう。

最後に、メモリは複数のアプリケーションを同時に使用する際の安定性を左右します。

16GB以上の大容量メモリを搭載すれば、重たい動画編集ソフトも快適に動かすことができ、ストレスなく制作作業に集中することができます。

ライブ配信と教育コンテンツの制作を行うPCを選ぶ際には、これらの点に気を付けて、ストリームとクリエイティブ作業の両方に適したマシンを見つけましょう。

そうすることで、教育の場を豊かにする高品質なライブ配信コンテンツを実現することができます。

アート&クリエイティブな配信を支えるPC

アート&クリエイティブな配信を支えるPC

イラスト・デザイン制作に求められるスペック

イラストやデザイン作業を行う際、ライブ配信も同時にこなすためには、特定のスペックを備えたPCが不可欠です。

高解像度のグラフィックに対応するための強力なグラフィックカードは基本中の基本で、NVIDIAやAMDの最新チップセットを搭載したものが推奨されます。

これにより、細部まで繊細な描画をリアルタイムで視聴者に届けることが可能となります。

また、複数のアプリケーションをスムーズに操作するため、多コアのプロセッサーが求められます。

ライブ配信では、配信ソフトウェアとクリエイティブソフトを同時に稼働させるため、最低でも8コア以上のCPUが理想とされています。

さらに、大量のデータを即座に扱うための高速なメモリも欠かせず、16GB以上のRAMを搭載することで、作業中の遅延を最小限に抑えることができます。

データの保存に関しては、高速アクセスが可能なSSDを選択することで、画像や動画ファイルの読み込み、保存の時間短縮が期待できるため、生産性の向上につながります。

そして、放熱も見逃せないポイントです。

高負荷が掛かりやすい作業を長時間行うというライブ配信の特性上、効率的な冷却システムはPCのパフォーマンス維持に不可欠です。

これらの要素を満たしたPCを選ぶことで、イラストやデザインの配信はもちろん、そのクオリティを落とすことなく、視聴者に高品質なコンテンツを届けることができます。

美しいビジュアル作品とその制作過程を存分に楽しみながら共有するために、適したライブ配信PCの選択は非常に重要です。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A
【ZEFT Z49A スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

ゲームもクリエイティブもスムーズにこなすバランス型ゲーミングマシン
最新ゲームが快適、16GB DDR5とRTX 4060Tiの威力を堪能
省スペースを追求、透明感あふれるコンパクトNR200P MAXケースで魅せるデスクトップ
Core i5 14600KF、最新世代がもたらすスマートなパフォーマンス

【ZEFT Z44FA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

ハイスタンダードなゲーミング体験をコミットする、バランスも抜群のこのモデル
RTX 4060Ti搭載、快速32GB DDR5メモリで極限まで引き出すスペックの絶妙なハーモニー
スペースを彩る、スタイリッシュなコンパクトケースでデスクトップをモダンに
Ryzen 5 7600搭載、高速かつ効率的なプロセッシングでラグをゼロに

【ZEFT R52F-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

高性能と実用性を兼ね備えたハイバリュースタンダードゲーミングPC、プレイを次のレベルへ
均整のとれたパワーハウス、確かな安心感と共にスムーズなゲーム体験をお届け
スタイリッシュな見た目と便利さを誇るミドルタワーケース、空間にエレガントな一台
快速Core i7でタスクを一掃、ハイスペックCPUで留まる場所なし

【ZEFT Z47BJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

動画編集とライブ配信の両立に優れたPC

アートやクリエイティブな活動において、動画編集とライブ配信の両立は、表現者にとって重要な課題です。

高解像度の動画をスムーズに扱い、リアルタイムで出力するためには、十分なパフォーマンスを備えたPCが不可欠です。

強力なマルチコアプロセッサと、大容量のRAMは、高負荷がかかる作業をサポートし、クリエイティブな作業フローを加速させます。

また、高速なSSDは、素早いデータ読み書きを可能にし、レンダリング時間を大幅に短縮してくれるでしょう。

グラフィック処理には、専用グラフィックカードが求められます。

特に、3Dモデリングや複雑なエフェクトを取り入れた動画制作において、そのパワーは絶大です。

さらに高品質な配信を行うためにも、グラフィックスカードは重要な役割を果たしています。

また、ライブ配信に特化した機能を備えたPCでは、複数のカメラ入力や、ストリームにオーバーレイなどの視覚的要素を追加するソフトウェアもスムーズに動作します。

これにより、視聴者に一層魅力的な視覚体験を提供できるのです。

音響面では、クリアなサウンドを生み出すための高品質なオーディオインターフェイスや、ノイズキャンセル機能を搭載したマイクなどの周辺機器も忘れてはいけません。

これらのハードウェアが揃うことによって、配信内容のクオリティは飛躍的に向上します。

クリエイターが直面する多くの技術的挑戦を解消し、想像力を限界なく発揮できるようなライブ配信PCは、まさにアートとテクノロジーの融合点に位置しています。

そうしたPCは、ただ作品を生み出すツールではなく、創造性を拡大するパートナーと言えるでしょう。

音楽制作に必要なライブ配信PC

音楽制作に必要なライブ配信PC

オーディオインターフェース互換性のチェック

ライブ配信PCを選ぶ上で、音楽制作を行うクリエイターにとって避けては通れないのが、オーディオインターフェースとの互換性のチェックです。

高品質なサウンドを配信するためには、信頼性の高いオーディオインターフェースが不可欠。

しかし、全てのオーディオインターフェースが全てのPCと完璧に連携するわけではありません。

ですから、互換性に注目し選定を進めることが肝要です。

互換性を確かめる際には、まずオーディオインターフェースのドライバがPCのオペレーティングシステムをサポートしているかを確認します。

たとえば、Windows用に設計されたインターフェースはMacでは上手く機能しない場合がありますし、その逆もまた然りです。

次に、接続ポートが合致するかを見ます。

USBタイプCやサンダーボルトなどの最新規格に対応しているPCを選べば、将来的な拡張性にも優れています。

また、PCが十分な処理能力を持っていることも大切です。

オーディオインターフェースが高性能であっても、PCの処理速度が遅ければライブ配信でのオーディオ品質は落ちてしまいます。

遅延や途切れのないスムーズな配信を実現するためには、十分なRAMと高速なCPUを搭載しているPCを選びましょう。

最後に忘れてはならないのが、配信ソフトウェアとの相性です。

現在利用している、あるいはこれから利用したいと考えている配信ソフトウェアがPCで正常に稼働するかも重要なポイントです。

これら全てを考慮して、最適なライブ配信PCの選定を行ってください。

音質への妥協は、視聴者にとっても、制作者にとっても大きな損失となり得ますので、適切なPC選びでそのリスクを最小限に抑えましょう。

DTM・DAW動作に最適なPC構成

音楽制作においてライブ配信はリアリティと瞬間性が要求されます。

特にDTMやDAWを使用する際、パフォーマンスに欠かせないのが適切なPC構成です。

ライブ配信PCの選定は、音源のロード速度とプラグインの応答性が大きく左右し、これらはCPUの性能に直結しています。

高いクロック速度と複数のコアを備えたプロセッサは、多重に処理を行う音楽制作ソフトウェアの動作をスムーズにします。

さらに、メモリ容量も重要な要素であり、少なくとも16GB以上を推奨します。

複雑なプロジェクトには、より多くのメモリが求められ、快適な作業環境を実現するためには32GBもしくはそれ以上が望ましいでしょう。

ライブ配信中に音飛びやラグを避けるためにも、十分なメモリは必須です。

ストレージに関しては、高速なアクセスが可能なSSDの利用で、プロジェクトのロード時間を大幅に短縮できます。

ハードウェアの入出力スループットを高めることで、ライブ配信時にも快適な操作感を得ることができるのです。

もちろん、オーディオインターフェースの性能や使いやすさも見過ごせません。

低レイテンシーでクリアなサウンドを維持できるモデルを選ぶことで、視聴者は音楽制作者の意図した高品質な音を体験できます。

最後に、ビデオカードの選択にも留意が必要です。

多くのDAWはGPUアクセラレーションを活用しており、適切なビデオカードは描画処理を効率化し、ストリーミングの画質を向上させます。

ライブ配信用のPCを選ぶ際には、これらの観点を総合して考慮し、音楽制作のための最良の環境を整えることが重要です。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAK

力強いパフォーマンスを備えた、次世代エキスパートクラスゲーミングPCがここに登場!
バランスとパワーの絶妙な組み合わせで、ゲームも作業もこれ一台で快適に
明るい内部が透けるCorsairのクリアパネルケース、デザインも機能も抜群のマシン!
Core i5の最新パワーで、あらゆる作業をスムーズに処理。高速でキビキビ動く!

【ZEFT Z45DAK スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAK

パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

高性能ゲーミングPCで、上級者も納得のアドバンストランクモデル
バランス良く組み上げられたスペックは、高級感溢れるパフォーマンスを実現
省スペースでありながら、スタイリッシュなデザインが空間を彩るコンパクトケース
Ryzen 7 7700搭載、プロのためのパワーを余すことなく提供

【ZEFT R52N-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APB

プロ級のパフォーマンスを求めるゲーマーへ、最新のソフィスティケートスタンダードゲーミングPC
シームレスなゲームプレイのためにバランス良く選ばれた高性能スペック
Antec P10 FLUXの静粛性と洗練されたミドルタワーが纏うシックな魅力
驚異の計算力とマルチタスク性能、Core i7 14700KFが動力源

【ZEFT Z45APB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APB

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAB

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAB

ゲーマー必見のモデル、ゲームが変わる32GBメモリ搭載ゲーミングPC
スムーズなゲームプレイ、1TB NVMe SSD搭載で高速ロード特化マシン
Corsair 4000D Airflow TGの流麗さ!視線を集める透明な魅力
Ryzen 9 7900X搭載、圧倒的マルチタスク性能を誇るPC

【ZEFT R56DAB スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAB

小規模ライブ配信にも対応するコンパクトPC

小規模ライブ配信にも対応するコンパクトPC

移動やスペースに優れたモバイルPC選び

ライブ配信がもたらす無限の可能性を存分に引き出すためには、持ち運びやすく場所を選ばないモバイルPCの選択が重要です。

ライブ配信をする際には、安定したパフォーマンスが求められますが、そのためには強力なCPUと十分なメモリの確保は必須です。

特に外での配信やイベント参加時には、軽量でありながらも高速なSSDを搭載したモデルが望まれます。

また、良質な内蔵マイクや、高解像度で鮮明な映像を配信できるウェブカメラが内蔵されていることも重要なポイントです。

さらに、多くのアクセサリや外部機器を同時に接続する可能性を念頭に置き、豊富な接続ポートを備えたPCを選ぶことで、トラブルに見舞われるリスクを減らすことができます。

これは、外部マイクやカメラ、キャプチャーデバイス、更には複数のディスプレイといった配信に欠かせない機器をスムーズに接続し、より高品質な配信環境を構築するのに役立ちます。

最後に、バッテリー寿命の長さも無視できません。

外出先での配信では、電源が確保しにくい場面も想定されるため、長時間の使用に耐えうるバッテリーは配信者の大きな味方となります。

実際のライブ配信シーンで求められるこれらのフィーチャーを兼ね備えたモバイルPCは、配信者のクリエイティビティを際限なく拡張させます。

_facet:name|モバイルワークステーションから高性能ウルトラブックまで、選び方のポイントを心得た上で、自らのスタイルに適したライブ配信用PCを見つけることが重要です。

コンパクトでも高性能なPCの見分け方

コンパクトでも高性能なPCの見分け方として、まずCPUの性能が重要です。

ライブ配信では、映像をリアルタイムでエンコードする処理能力が求められるため、最低限、クアッドコア以上のプロセッサが推奨されます。

例えば、Intel Core i5以上あるいはAMD Ryzen 5以上のシリーズが適していると言えるでしょう。

次に注意すべきはメモリ容量です。

ライブ配信は多くのアプリケーションを同時に動かすことが多いので、少なくとも16GB以上のRAMを搭載したPCを選ぶことが望ましいです。

グラフィックスカードについても、ストリーミングの品質向上に直結しますが、コンパクトなPCの場合、内蔵グラフィックスでも十分なケースがあります。

ただし、ゲーム実況のように高画質な映像を扱う場合は、NVIDIAやAMDの専用GPUを搭載したモデルを選択するのが理想的です。

また、ストレージではSSDが推奨され、OSやアプリケーションの起動速度、データの読み書き速度が向上し、よりスムーズな配信が可能になります。

できればNVMeタイプのSSDを選ぶことで、さらなる高速アクセスが期待できます。

冷却システムも見過ごせないポイントです。

長時間の配信においてPCが熱暴走を起こさないよう、効果的な冷却機能を有するPCの選定が不可欠です。

これらの要素を総合的に判断し、慎重にPCを選ぶことが、コンパクトでありながらも高性能なライブ配信PCを見極める鍵となります。

高性能とコンパクトさを兼ね備えたPC選びは、圧倒的な配信体験を実現へと導くことでしょう。


VR配信に対応するハイスペックPC

VR配信に対応するハイスペックPC

VRコンテンツに求められる最低限のPC要件

VR配信において求められるPCの要件には、性能面で特に重要なポイントがあります。

まず、グラフィック処理能力がハイレベルであることが必須です。

これはVRコンテンツがリアルタイムで複雑な3Dシーンを描写する必要があるためで、多くの場合、NVIDIAのGeForce RTX40シリーズやAMDのRadeon RX 7000シリーズのようなミドルクラス以上のグラフィックスカードが求められます。

さらに、中心となるプロセッサの性能も重大な役割を果たします。

高速なマルチコアCPUが VRコンテンツの計算処理をスムーズに行い、結果として快適な配信を実現します。

例えば、Intel Core i7やAMD Ryzen 7といったクラスのCPUが適していると言えるでしょう。

メモリについてもケチるわけにはいきません。

VRの世界では、大量のデータを迅速に処理する必要があるため、最低16GBのRAMを用意することが理想ですが、できれば32GBを目安にすると余裕を持って対応することができるでしょう。

ストレージは、高速なSSDを採用することで、コンテンツの読み込み速度を格段に向上させることができます。

加えて、大容量が望ましいですね。

VRコンテンツはファイルサイズが大きいことが多いので、最低でも512GB以上、できれば1TB以上のSSDが配信中のストレスを軽減します。

最後に、安定したインターネット環境は言うまでもなく、VR配信を滑らかに行う上で欠かせない要素です。

高品質なストリームを維持するためには、有線のイーサネット接続を推奨し、高速なアップロード速度を提供するインターネットプランの選定が重要になります。

これらの要素を備えたPCを用意することで、VR配信では視聴者に高品質の体験を提供することが可能になるでしょう。

視聴者が没入感のあるVR世界をリアルタイムで楽しむためには、優れたPCスペックがその鍵を握っているのです。

VRゲーム実況向けのPC選びのコツ

VRゲーム実況向けのPC選びは、没入感あふれる配信を実現するために、幾つかの重要点を押さえる必要があります。

まず心に留めておきたいのが、グラフィックスカードです。

VRコンテンツは非常に高いグラフィック性能を必要としますので、NVIDIAのGeForce RTX シリーズやAMDのRadeon RX シリーズなど、最新かつハイエンドのモデルを選択することが推奨されます。

次に、プロセッサーの選択も重要です。

複数のアプリケーションを同時にスムーズに動作させるためには、多コア・多スレッドに対応したCPU、例えばIntel Core i7以上やAMD Ryzen 7以上の性能が求められるでしょう。

また、最小限16GB以上のRAMが望ましいですが、より複雑なVRゲームや複数のソフトウェアを同時に動かすことを考慮すると、32GBを目安にすることで将来的なアップグレードの手間も省くことができます。

更に、VR配信では多額のデータ転送が発生しますから、ソリッドステートドライブ(SSD)を採用して、高速な読み書き速度を確保することが望ましいです。

オペレーティングシステムやゲームを含め、よく使用するソフトウェアはSSDにインストールし、配信アーカイブやその他の大量データの保存用には、追加のハードディスクドライブ(HDD)を使用するのが良いでしょう。

最後に、PCケースから冷却システムに至るまで、自身のPCが長時間にわたるハイスペックな運用に耐えられるよう、十分な空冷または液冷システムを選ぶことで、PCのパフォーマンスを最大限に保つことができます。

このような点をしっかりと踏まえたPC選びを行うことで、視聴者が夢中になるような圧倒的なVRゲーム実況の世界を生み出すことができるのです。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

マルチプラットフォーム配信用PC

マルチプラットフォーム配信用PC

複数配信サービス同時配信のスペック要求

複数の配信サービスに同時にライブストリーミングすることは、視聴者層を広げる上で有効な戦略ですが、それには相応のPCスペックが要求されます。

このようなマルチプラットフォーム配信を行う際には、特にCPUとグラフィックスカードの性能がカギを握ります。

なぜなら、複数のサービスに向けて高品質のビデオをエンコードし、同時にアップロードすることは、PCにかなりの負荷を与えるからです。

CPUについてですが、多くのストリーミングソフトウェアはCPUの複数コアを使用して作業を分散します。

そのため、最低限でも8コア以上のプロセッサを推奨しますが、よりスムーズな配信を実現するためには12コア以上を搭載したPCが理想的です。

同様にグラフィックスカードも、配信されるコンテンツの解像度やフレームレートを維持するために高性能なものを選ぶ重要性があります。

メモリーは配信データの一時的な格納場所として機能するため、少なくとも16GBのRAMを搭載することで、安定した配信が期待できます。

インターネット速度も見逃せません。

特にアップロード速度は重要で、同時配信をする場合には各配信サービスの推奨スペック以上のアップロード帯域が必要となります。

他にもストレージの書き込み速度や、信頼性の高い電源ユニットなどが配信の品質を左右し、これら全ての要素が整ったパソコンがマルチプラットフォーム配信用PCとして推奨されます。

適切な機材を選ぶことで、ストリーマーは配信中のトラブルを避け、視聴者に最高のライブ配信体験を届けることが可能になるのです。

ストリーミングソフトウェアを効率良く動かすPC

ストリーミングソフトウェアは、ライブ配信を行う際の心臓部とも言えます。

これがスムーズに動作するかどうかで、配信の品質が大きく左右されるため、適切なPC選択が欠かせません。

特にマルチプラットフォーム配信を行うにあたっては、複数のストリームを同時に管理し、さまざまな配信先に適したフォーマットでコンテンツを送り出す必要があります。

そのためには、強力なプロセッサ(CPU)、高速なグラフィックカード(GPU)、十分なメモリ(RAM)、そして迅速なデータ転送を支持する高速なストレージが必須となります。

たとえば、AMD RyzenやIntel Coreシリーズの上位モデルは、マルチコア・マルチスレッドの処理能力が高く、複雑なエンコード作業や同時処理も難なくこなします。

グラフィックカードに関しては、NVIDIA GeForce RTXシリーズやAMD Radeon RXシリーズなど、ストリーミングに最適化された機能を持つ製品を選ぶと良いでしょう。

ライブ配信では思わぬアクシデントも起こり得るため、安定した性能を長時間維持できる耐熱性や効率の良い冷却システムも重要な要素です。

さらに、快適なストリーミング体験のためには、高速なSSDはもはや標準装備と言えます。

オペレーティングシステムや配信ソフトウェアの起動、配信データの保存において、HDDに比べて速度が段違いです。

また、ライブ配信における予期せぬトラブルに迅速に対応できるよう、カスタマー・サポートの手厚いメーカーを選ぶこともポイントと言えるでしょう。

以上のポイントを押さえたPC選びをすることで、ストリーミングソフトウェアを効率よく動かし、視聴者に快適な配信体験を提供することが可能です。

そして、それが配信者の評価を高め、より多くの視聴者を引き寄せる結果に繋がるのです。

長時間配信に強い耐久性に優れたライブ配信PC

長時間配信に強い耐久性に優れたライブ配信PC

信頼性の高いブランドとモデルの選定

ライブ配信の世界で成功を収めたい方々は、長時間の配信に耐えうるPC選びが不可欠です。

信頼性が高く、故障のリスクが少ないブランドとモデルの選定は、安心してライブ配信を行うための鍵と言えます。

業界で評価されているメーカーの最新機種を選ぶことで、最先端の技術とサポートを享受できるため、配信中のトラブルを最小限に抑えられます。

例えば、配信用PCとして定評のあるブランドには、DellのAlienwareシリーズ、HPのOMENシリーズ、またはASUSのROGシリーズなどが挙げられます。

これらは常に高いパフォーマンスを持続し、冷却システムも優れており、長時間の運用に耐える設計がなされています。

また、カスタマーサービスの質も高く、万が一の際にも迅速に対応してくれる点が魅力です。

ライブ配信では不測の事態が発生することもありますが、これらの信頼できるブランドのPCを選択することで、技術的なサポートとともに安定性を手に入れることができます。

おすすめのモデルを選ぶ際は、プロセッサーの種類、メモリの大きさ、そしてグラフィックカードの性能など、配信内容に適したスペックをしっかりと吟味することが大切です。

耐久性に優れたライブ配信用PCを選ぶことで、ストレスフリーな配信生活を実現し、ファンに喜ばれるクオリティの高いコンテンツ提供が可能となるのです。

長期間使用に耐えるPCのメンテナンス方法

ライブ配信を軸とした長時間のPC使用は、熱管理と定期的な清掃が鍵となります。

高いパフォーマンスをキープするために、冷却ファンのほこりやゴミをこまめに取り除くことが重要です。

これにより、オーバーヒートを防ぎ、ハードウェアの劣化を遅らせる効果が期待できます。

また、内部の簡単な清掃に加えて、ハードディスクのデフラグメンテーションを定期的に行うことで、データの読み書き速度を維持し、システムのスムーズな運行を助けることができます。

さらに、ソフトウェア面でも注意が必要です。

最新のアップデートを適用し続けることで、セキュリティを維持し、不具合のリスクを抑えることができます。

配信ソフトウェアだけでなく、OSやドライバーのアップデートも忘れずに行うことが、トラブルフリーの配信環境に繋がります。

パフォーマンス低下の一因となるマルウェアからPCを守るために、信頼できるセキュリティソフトを利用することも欠かせません。

加えて、PCが搭載する部品が年月と共に陳腐化していくことを鑑みると、拡張性の見込めるPC選びも重要です。

将来的にメモリの増設や、ストレージの増設、グラフィックスカードの交換などが容易にできる余地を持つPCは、長期間に渡る使用においても性能維持の柔軟性があります。

最適なライブ配信を実現するためには、ハードウェアのケアはもちろん、ソフトウェアの管理とセキュリティ対策が不可欠です。

そして時にはアップグレードを検討し、常に最良のパフォーマンスを保つことが、長時間のライブ配信に挑むコミュニケーターたちにとっての成功の秘訣であると言えるでしょう。

あわせて読みたい

ゲーミングPCの寿命を見極める! 兆候と対応策

おすすめのPCありますか?

ゲーミングPCのメモリガイド ラグなくスムーズなゲーム体験のために

BTOパソコンをおすすめする理由

決定版! 高性能ゲーミングPC選び方相談所

ゲーミングPCおすすめブログ

最適化された創造力 AI画像生成に必須のおすすめPC

デスクトップPCガイド

音楽制作PCとDAWの選定術 ジャンル別の推奨スペックとは?

BTOパソコンX

ゲーマー必見! おすすめゲーミングPCで勝利を掴め

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

仕事からゲームまで! おすすめデスクトップPC完全ガイド

おすすめのPCありますか?

BTOパソコン カスタマイズでフルに活かすハイエンド選び

ゲーミングPCおすすめブログ

配信マスター必携! 最高のパフォーマンスを誇るゲーミングPCおすすめ

初心者でも分かるBTOパソコン入門

仕事を変えるおすすめ「AI PC」 エキスパートによる選び方

BTOパソコンX

静音PCの選び方 プロが教えるおすすめの環境

パソコンのTierを知ろう

ビデオ編集を快適にするPC選び おすすめのハードウェアとは?

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

映像クリエイターが求めるパソコン 編集作業をスムーズに

デスクトップPCガイド

画像編集用PCの魅力 プロが教える効率的なおすすめハード選び

ゲーミングPCおすすめブログ

ノイズを排除 おすすめ静音PCで理想の作業環境を

BTOパソコンをおすすめする理由

フルカスタマイズ可能! プロがおすすめするBTOパソコンの選び方

パソコンのTierを知ろう

RTX4080 SUPERで勝ち抜く! eスポーツ御用達ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

音楽制作PCの要 これがあればDAWが極限まで使える!

おすすめのPCありますか?

プロの映像クリエイターがおすすめする、パソコン購入完全ガイド

デスクトップPCガイド

画像生成AIを活かす! プロおすすめのPCスペック徹底解説

初心者でも分かるBTOパソコン入門

ゲーム用パソコンの進化! 選び方とトレンド分析

BTOパソコンX

クリエイティブワークに最適! AIイラスト向けおすすめPCリスト

ゲーミングPCおすすめブログ

ゲーム実況完全攻略! 性能別おすすめPCベストセレクション

パソコンのTierを知ろう

ライブ配信初心者向け! おすすめエントリーレベルPC

初心者でも分かるBTOパソコン入門

映像クリエイター冥利に尽きるパソコンの選び方とは?

おすすめのPCありますか?

おすすめのCore i7PCで実現する究極のゲーム体験

デスクトップPCガイド

エスポーツ勝者の選択! トップおすすめBTOゲーミングPC

BTOパソコンX

プログラミング用パソコン革命 プログラマーに贈るおすすめガジェット

BTOパソコンをおすすめする理由

おすすめPCが支えるプロダクションレベルのライブ配信

パソコンのTierを知ろう

プロストリーマーの選び方! ゲーミングPC配信のおすすめ

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次