無敵の配信環境を構築! ライブ配信おすすめPCレビュー

目次

ライブ配信PCとは何か?その役割と必要性

ライブ配信PCとは何か?その役割と必要性

ライブ配信に最適なPCのスペック解説

ライブ配信に最適なPCのスペックを解説するにあたり、まず核となるのがプロセッサーの性能です。

高画質な映像をスムーズに配信するためには、複数コアを持つ高速CPUが必須で、Intel Core i7以上やAMD Ryzen 7以上が望ましいでしょう。

次に重要なのがメモリー容量ですが、少なくとも16GB以上を確保することで、多くのタスクを同時に行ってもPCの処理速度が落ちることなく、安定した配信を行うことができます。

さらに、配信画質を高めるためには、パワフルなグラフィックボードが欠かせません。

特に3DゲームやVRコンテンツなどを快適に配信したい場合は、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズのようなミドルレンジ以上のモデルが推奨されます。

配信中に多くのデータ転送が必要となるため、高速なSSDを搭載することで、読み書き速度の向上とシステムのレスポンスの向上を図れるでしょう。

また、ライブ配信では安定したインターネット接続が必要不可欠で、有線のイーサネット接続が理想的ですが、WiFiを使用する場合でも5GHz帯の高速通信が可能な無線LANアダプターが必要です。

これらのスペックを満たしたPCを選ぶことで、配信者自身もストレスなく、視聴者にも快適な配信を届けることができるのです。

ゲーム配信向けと一般配信向けのPCの違い

ライブ配信PCの選択には、配信の種類が大きな影響を及ぼします。

具体的に、ゲーム配信向けと一般配信向けPCでは、要求されるスペックが異なる点がポイントです。

ゲーム配信には高いグラフィック処理能力が必要とされるため、強力なグラフィックカードが中心となります。

これに対し、一般配信では、高解像度でのカメラ入力や複数のソフトウェアを同時に扱うマルチタスク能力が求められるためCPUの性能が重視されます。

ゲーム配信向けPCでは、最新のトリプルAタイトルを滑らかに動作させつつ、ストリーミングソフトウェアも利用するため、充実したメモリ量とともに、高速なストレージが必須となります。

こうしたゲームプレイのずれや遅延を防ぐためにも、優れた冷却システムが重要な役割を果たし、長時間の配信でも安定した性能を保つことができます。

一方で、一般配信向けPCは、美しい映像を伝送するためには、十分なCPUパワーに加えて、信頼性の高い高速インターネット接続が不可欠です。

また、クリアな音声伝達のためには、高品質なオーディオインターフェースやマイクが必須で、これらを支えるPCのUSBポートの種類や数も大きなファクターとなります。

最適なライブ配信PCでは、配信の内容に適した構成を選ぶことがそのクオリティを大いに左右します。

ゲーム配信にはグラフィック性能を、一般配信にはCPU性能と安定したデータ伝送を重視するという点を念頭に置いておくべきです。

そして、どんな配信でも、エンゲージメントを重んじるためにも、視聴者に快適な視聴体験を提供できるライブ配信PCの選択は極めて重要です。

高性能CPUで差をつける! 配信PCの心臓部

高性能CPUで差をつける! 配信PCの心臓部

各CPUの性能比較とおすすめモデル

配信時に求められるプロセスの多くを背負い込むCPUは、ライブ配信を行うPCにとって非常に重要な役割を担います。

高解像度でのストリーミング、同時に複数のアプリケーションを快適に動かすためには、強力なCPUが必要不可欠です。

市場にあふれる多種多様なCPUの中でも、特にライブ配信に適したモデルを見極めることが、最高の配信体験への一歩となります。

最新のインテルCore i9シリーズやAMD Ryzen 9シリーズは、高負荷がかかるライブ配信環境でも余裕をもってパフォーマンスを発揮します。

例えば、インテルのCore i9-14900Kは、その高いクロック速度と24コア32スレッドにより、ゲームプレイと同時のストリーミングでもスムーズな処理が可能です。

一方で、AMDのRyzen 9 7950Xは、圧倒的なマルチタスク能力で、エンコード作業と配信を同時にこなすのに適しています。

さらに、配信専用のセカンダリPCを設置する際には、Ryzen 5 7600やCore i5-14600Kのような中位モデルでも高いコストパフォーマンスを発揮します。

これらは単体でゲーム配信を行う場合には物足りなさを感じるかもしれませんが、配信用PCとしては十分な力を発揮し、メインPCの負荷を軽減することで全体的なパフォーマンス向上を促進します。

結局のところ、おすすめするCPUのモデルを選ぶ際は、配信のニーズに応じて最適なスペックを選定することが求められます。

予算と配信のゴールを常に意識しつつ、最良の選択を行うことが、配信活動において優れた環境を手に入れる鍵です。

高い性能を誇るCPUを選び、無敵の配信環境を構築しましょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41157 2423 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41106 2364 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41106 2364 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38575 2084 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38499 2054 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35497 2240 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35497 2240 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33748 2214 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33748 2214 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32523 2108 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32523 2108 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29244 2045 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28844 1975 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27027 2050 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24631 2109 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24631 2109 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22068 1955 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20356 2021 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19498 1943 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17724 1821 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16040 1783 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16040 1783 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15282 1987 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9071 1752 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9071 1752 公式 価格

マルチタスクに強いCPUの選び方

高性能CPUは、ライブ配信で求められる複数のアプリケーションを同時にスムーズに動作させるために、絶対に欠かせません。

ここで重要なのはコア数とクロック周波数です。

多くの配信者が同時にゲームをプレイしつつ、高画質なライブ配信を行おうとする際、CPUのコア数が多ければ多いほど、それぞれのタスクを効率的に処理できる能力は向上します。

クロック周波数が高いCPUは、タスクごとの処理速度を速め、遅延を最小限に抑えるのに寄与します。

また、ライブ配信における快適なマルチタスク処理を実現するためには、CPUのアーキテクチャも重要です。

最新のアーキテクチャは古いモデルよりも効率良くデータを処理し、エネルギー効率も改善されている傾向にあります。

これにより、配信中の熱暴走を避け、長時間の使用でも安定したパフォーマンスを保つことができます。

ライブ配信を重視するユーザーにとって、CPUの選択は配信品質を左右するだけでなく、視聴者に与える印象や体験にも大きく関わってきます。

そういった意味で、CPU選びは配信者の表現力や創造性を高め、可能性を広げるための投資といえるでしょう。

時には予算を抑えたいと思うかもしれませんが、ライブ配信PCにおいてCPUはその機能性とパフォーマンスが直結するため、ある程度の投資が必要です。

選択する際には、それぞれのスペックがどのようにライブ配信のクオリティに貢献するのかをしっかりと理解し、配信活動に合った最適なモデルを選ぶことが成功の鍵となります。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKH
【ZEFT Z47AKH スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKH

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パワーユーザー注目!革新を生む64GBメモリ搭載イノベーティブ・ゲーミングPC
均整の取れた高速性能、NVMe SSDと64GB RAMで未体験の速さを実現
静寂を纏う、CoolerMaster Silencio S600ケース。スタイリッシュで優れたサイズ感
心臓部はCore i7 14700F。ミドルハイランクの処理能力でタスクを軽々とこなす

【EFFA G05B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

ハイエンドなゲーミングPC、アドバンスドクラスの性能でゲーム世界へと誘う
RTX 4070搭載、ミドルタワーに凝縮されたパワフルバランスが魅力
エレガントなホワイトデザイン、NZXT H7 Flow、内部が輝くRGBケース
Core i7 14700KF搭載、最先端技術でシームレスなパフォーマンスを実現

【ZEFT Z45AGA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

ゲームを制覇する性能のマシン、見た目にこだわるミドルレンジの選択肢
高速メモリ64GBと1TB SSDで理想的なパフォーマンスバランスを実現
クリアパネルの白いミドルタワー、スタイリッシュさと視認性が魅力のケース
最新Core i9でプロセスを駆る、表現力豊かなクリエイティブマシン

【ZEFT Z45BHW スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

快適な配信のためのGPU選び

快適な配信のためのGPU選び

エンコードに必要なGPUの性能とは

配信において一流のパフォーマンスを発揮するGPUは、快適かつ効率的なライブストリーニングを可能にする重要な要素です。

特に、映像をリアルタイムでエンコードする際には、優れたグラフィックス処理能力が求められます。

画質や解像度が高ければ高いほど、負荷は大きくなるため、適切なGPUの選択は不可欠です。

GPUは動画の圧縮やフレームの描写に関して中心的役割を果たします。

高いフレームレートと一貫した画質維持を目指す場合、エンコーディングを行うCUDAコアやストリームプロセッサーが豊富なモデルが望ましいです。

例えば、NVIDIAのGeForce RTXシリーズのGPUは、AIを利用したノイズキャンセリング機能や背景のぼかしといった高度なストリーミング要件にも応えることができます。

その上、エンコードプロセスは、ストリーミング時のCPUの負担を軽減する役割も担います。

そのためにも、エンコードを高速に処理できる専用ハードウェアエンコーダーを備えたGPUが推奨されます。

NVIDIAではNVENCという優れたハードウェアエンコーダーを提供しており、高品質なストリーム配信が可能になります。

また、多くの視聴者に向けて配信する場合、安定性は避けて通れない要素です。

そのため、長時間の使用に耐えられる信頼性の高いGPUを選ぶことが大切です。

配信のワークフローにおいても、編集やフィルターの適用などがスムーズに行えるよう、全体的な性能バランスに優れたGPUを選択することが肝心です。

最終的に、視聴者が満足するライブ配信を実現するためには、適切な性能を持つGPUに投資することはとても重要です。

信頼性、性能、エンコード能力を兼ね備えたGPUは、無敵の配信環境構築のための鍵となるでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36136 74293 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30050 73586 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29098 68485 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26137 67663 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23702 55771 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19903 50593 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19214 51243 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17948 45986 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16970 42543 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13444 34688 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13443 35138 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13327 34504 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12449 30449 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10813 31812 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10642 28648 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10633 27563 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7327 19665 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6264 16078 130W 公式 価格

ストリーマー推奨のGPUリスト

ライブ配信において、滑らかでクリアな映像を実現するには、適切なGPUの選択が極めて重要です。

特にストリーマーに推奨されるグラフィックカードは、複数のタスクを同時に処理するための強力な性能を持ち合わせていることが求められます。

現行のハイエンドモデルであるNVIDIAのGeForce RTX4080は、そのリアルタイムレイトレーシング機能とAIによる画質向上技術DLSSで配信映像の品質を劇的に向上させます。

加えて、強化されたエンコーディング機能により、CPUに負荷をかけることなく、高解像度でのストリーミングが可能になっております。

これは、特にゲーム配信などで重要なFPSを落とすことなく、視聴者に快適な配信を届けるために役立つでしょう。

またAMDのRadeon RX 7800 XTも競合する選択肢であり、同等の高性能を発揮することで知られています。

さらにGPUの選び方を見極める際には、編集作業も念頭に置くことが賢明です。

例えば、動画の編集やエフェクト処理にもGPUは大きな影響を及ぼし、ここでの性能差はストリーマーの作業時間を大きく左右します。

ライブ配信のみならず、編集工程も含めて全体的なパフォーマンスを考慮することで、ストリーミング環境はよりプロフェッショナルなものへと仕上がるわけです。

配信中に起こりうる予期せぬトラブルを避け、視聴者に最高の体験を提供するためには、信頼性と実績のあるGPUを選ぶことが重要です。

上記で触れたモデルはその良い例であり、ライブ配信用のPCを選ぶ際にぜひ考慮に入れていただきたい点であります。

安定した配信を実現するメモリとストレージの重要性

安定した配信を実現するメモリとストレージの重要性

ライブ配信に適したメモリ容量とは

ライブ配信に適したメモリ容量とは、無数のデジタル画像や音声データを瞬時に処理し、視聴者に滑らかな映像を届けるための重要なファクターです。

配信中には、エンコーディングという処理が複雑に行われ、リアルタイムでデータが変換されるため、十分なメモリが不可欠となります。

一般的には、8GBのメモリが基本的な配信の起点とされていますが、複数のアプリケーションを同時に使用する場合や、高解像度での配信を行なう場合には、16GBまたはそれ以上を推奨しています。

これにより、動画のカクつきやアプリケーションの遅延など、配信の質を下げる要因を排除することができます。

さらに、快適なライブ配信を維持するためには、メモリと同じくらいストレージの速度と容量が重要です。

SSD(ソリッドステートドライブ)を利用することで、起動速度やデータの読み書き速度が飛躍的に向上します。

また、配信アーカイブや高解像度のビデオ素材を保存するためにも、大容量のストレージが必要です。

ストリーマーによっては、テラバイト単位でのSSDまたは追加のハードディスクドライブを配備して、いつでも柔軟にコンテンツ制作に臨める環境を整えています。

このように、ライブ配信を行うPC選びにおいては、メモリとストレージが配信の品質を大きく左右することを熟知していることが欠かせません。

結果として、これらのコンポーネントへの投資は、長期にわたって配信者のパフォーマンスをサポートし、視聴者に高品質な視聴体験を提供するための明智な選択となるのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMFR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMFR

ゲームも仕事もこれ一台、信頼のパフォーマンスを発揮する高機能モデル
速さと美しさ、どちらも叶える16GBメモリと1TBの迅速SSDの極上の調和
イルミネーションで魅せるFractalのスタイリッシュなミドルタワー
多才なi7世代のパワー、跳ね上がる処理速度

【ZEFT Z47AMFR スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMFR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A
【ZEFT Z49A スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

プロフェッショナルグレードの実力、あらゆるゲームを極限まで引き出すゲーミングPC
最新のRTX 4070Tiと32GB RAMのバランスで、スペックの限界を超えろ
H5 Flowケースのクリアな美しさ、NZXTのミドルタワーが構築する洗練された空間
i7-14700KF、2023年リリースのパワーであらゆる作業を快適に

【ZEFT Z45GR スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKI
【ZEFT Z47AKI スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKI

読み書き速度が命、ストレージの最適解

ストレージの読み書き速度がライブ配信のパフォーマンスに直結することは、多くの配信者が認識している重要なポイントです。

ライブ配信では、映像と音声データが瞬時に処理され、視聴者に送信される必要があります。

高速で安定したストレージは、このデータの流れをスムーズに保ち、視聴体験を向上させるために不可欠です。

特に、SSD(ソリッドステートドライブ)は、従来型のHDD(ハードディスクドライブ)に比べて桁違いの速度を誇ります。

SSDは、動作部品がなく、電子的にデータを読み書きするため、配信中の高負荷な状況でも素早く反応し、処理速度の低下を軽減します。

これにより、配信画質や反応速度が保たれ、視聴者にストレスのない配信を提供することが可能になります。

また、ライブ配信時には、一時的なデータの保存領域として使われるキャッシュの応答速度も重要です。

SSDは高速なアクセスが可能で、キャッシュとしての機能をフルに発揮し、配信中のトラブルを最小限に抑えるサポートをしてくれます。

容量についても、より多くのゲームやソフトウェアを即座に起動したい配信者にとっては、大容量のSSDがおすすめです。

ストレージの選択には、ライブ配信のコンテンツやスタイルに合わせた柔軟な検討が求められますが、高速な読み書き能力と十分な容量を備えたSSDは、配信環境の強力な味方であると言えるでしょう。

高性能なストレージで、ライブ配信の品質を格段に向上させ、視聴者に最高のエンターテイメントを提供しましょう。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格


配信者必見! おすすめのライブ配信PC5選

配信者必見! おすすめのライブ配信PC5選

予算別の最適なPCモデルをピックアップ

ライブ配信を始める際に、PC選びはその成功を左右する非常に重要な要素です。

画質の良さや処理速度、ストリーミングの安定性など、数多くの点を考慮して、配信者のニーズに最適なPCを選択することが求められます。

エントリーレベルでは、多くの配信初心者が手を出しやすいコストパフォーマンスに優れたモデルがあります。

こうしたPCは基本的な配信機能を備えており、手軽にライブ配信の世界に足を踏み入れることができます。

一方、中級者向けのPCでは、より高い画質での配信や複数のアプリケーションを同時にスムーズに動作させることが可能です。

こうしたPCには通常、強力なCPUやGPUが搭載されており、快適な配信環境を提供します。

プロレベルになると、配信のクォリティは視聴者を引きつけるための決定的な要素になります。

そこで求められるPCは、4K配信や高フレームレートでのゲーム配信など、最先端の配信要件に対応する能力を持っています。

加えて、複数のモニター使用や高度な音声処理機能など、配信者の細かな要望に応えられる柔軟性も兼ね備えています。

つまり、予算に応じて最適なPCを選ぶことは、その配信者のスタイルを反映し、視聴者とのつながりを築く上で不可欠です。

コストパフォーマンスに優れたモデルから、最先端技術が凝縮されたハイエンドモデルまで、幅広い選択肢が存在し、それぞれの配信者が目指す理想の配信環境が実現可能です。

だからこそ今、最適なPCモデルを選び、無敵の配信環境を構築することが、ライブ配信を成功へと導く鍵となるのです。

プロストリーマーが愛用するPCレビュー

プロストリーマーにとってライブ配信PCは、そのパフォーマンスが視聴体験を左右する重要な鍵です。

長時間の使用にも耐えうる高い耐久性や安定した動作はもちろん、多彩なソフトウェアとの互換性や、高画質な映像を無遅延で配信できる処理能力が求められます。

それでは、市場で高く評価されているPCをいくつか見ていきましょう。

まず注目したいのが、カスタマイズが自在なハイエンドモデルです。

これらのPCは、最新のマルチコアCPUと高速なグラフィックカードを搭載しており、リアルタイムでのエンコードや、複数の映像ソースを同時に扱える力強い性能を持っています。

たとえば、NVIDIAのRTXシリーズはAIによるノイズキャンセリング機能を提供し、クリアな音声配信を可能にしています。

また、ストレージに関しても、充分な容量を確保した高速SSDを備えることで、編集作業もスムーズに実施できます。

選ばれるPCには、操作性を重視する要素も見受けられます。

例えば、タッチパネル対応や、カスタマイズ可能なLEDライティングなど、使い勝手の良い設計が施され、直感的かつ独自の配信スタイルを築くことを助けています。

視聴者との対話においては、レイテンシーが最小限に抑えられた機能を備えたPCが優れた配信体験を提供し、再生数を伸ばす上で非常に有効です。

高品質な配信を継続するためのサポート体制も見逃せません。

保証期間の長さやカスタマーサービスの質も、プロストリーマーが愛用するPC選びでは大きなポイントとなります。

さらに、ライブ配信を取り巻くトレンドは日進月歩であり、将来的な拡張性やアップグレードも念頭に置く必要があります。

以上、プロのストリーマーたちによって愛用されているPCには、配信の質を高めるための多くの工夫が施されています。

信頼性、パワフルな性能、そして使い勝手の良さが融合したこれらのPCは、配信者にとって強力なサポーターとなるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

PC以外に必要なライブ配信機材

PC以外に必要なライブ配信機材

映像・音声をクリアにする配信アクセサリ

クリアでプロフェッショナルな映像と音声品質は、ライブ配信にとって命です。

それを実現するためには、PCを超えた配信専用のアクセサリが不可欠になります。

例えば、配信カメラはその一つ。

壁紙だけが映るような粗悪な映像では視聴者を飽きさせてしまいます。

高画質のウェブカメラまたはプロ用のビデオカメラは、細部にわたる色彩や鮮明なコントラストを捉え、視聴体験を一段と深めてくれます。

また、しっかりとした音響も重要です。

内蔵マイクよりも、外付けのコンデンサーマイクが環境音を拾わず、あなたの声をクリアに届けるでしょう。

音声ミキサーを使用すれば、複数の音源を自在に操り、配信に臨場感やバラエティーを加えることが可能です。

さらに、ライトも見落とせません。

適切な照明は、画面上でのあなたの顔の明るさを調節し、視聴者の目に快適に映ります。

リングライトやLEDパネルは、柔らかく均一な照明を提供し、影を減らして、プロ並みのビジュアル効果を生み出します。

これらのアクセサリは、ライブ配信の品質を格段に向上させ、視聴者にプロフェッショナルな印象を与えます。

端から視聴者を引き込み、最後まで見てもらうために、映像と音声のクオリティは決して妥協すべきではありません。

それぞれの配信アクセサリの組み合わせによって、あなたのパーソナリティやコンテンツが際立ち、無敵の配信環境を構築することができます。

オプションで選ぶべき配信支援ツール

ライブ配信の世界で差をつけるには、PCの性能もさることながら、配信支援ツールの選択が鍵を握ります。

たとえば、高品質な映像をお届けするために、外部キャプチャーカードは非常に重要です。

これにより、ゲームやクリエイティブな作業を滑らかに、そして高解像度でキャプチャできるようになります。

一方、音質の向上は視聴者に快適な視聴体験を提供するために不可欠で、ここでは専用のオーディオインターフェイスやマイクロフォンが活躍します。

特に、ノイズキャンセリング機能付きのマイクは、クリアな音声を確保し、配信にプロフェッショナルな印象を加えます。

また、ライブ配信において視聴者との円滑なコミュニケーションも重要です。

そのためには、コメントをリアルタイムで管理しやすくするチャットインターフェースや、視聴者の反応を直感的に把握できるアナリティクスツールが役立ちます。

さらに、カスタマイズ可能なストリーミングソフトウェアを利用することで、ビジュアルエフェクトやシーンの切り替えをスムーズに行い、配信に個性と華やかさを加えることも可能となります。

これらのツールを適切に組み合わせて使用することで、ライブ配信の質を格段に向上させることができます。

視聴者に忘れられない配信体験を提供することが、配信者としてのブランドを確立し、成功への道を切り開くためには不可欠です。

ですから、ライブ配信PCと共にこれらのオプションツールを賢く選び、無敵の配信環境を構築していただきたいと願っています。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A
【ZEFT Z49A スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z49A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

ゲームもクリエイティブもスムーズにこなすバランス型ゲーミングマシン
最新ゲームが快適、16GB DDR5とRTX 4060Tiの威力を堪能
省スペースを追求、透明感あふれるコンパクトNR200P MAXケースで魅せるデスクトップ
Core i5 14600KF、最新世代がもたらすスマートなパフォーマンス

【ZEFT Z44FA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

ハイスタンダードなゲーミング体験をコミットする、バランスも抜群のこのモデル
RTX 4060Ti搭載、快速32GB DDR5メモリで極限まで引き出すスペックの絶妙なハーモニー
スペースを彩る、スタイリッシュなコンパクトケースでデスクトップをモダンに
Ryzen 5 7600搭載、高速かつ効率的なプロセッシングでラグをゼロに

【ZEFT R52F-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

高性能と実用性を兼ね備えたハイバリュースタンダードゲーミングPC、プレイを次のレベルへ
均整のとれたパワーハウス、確かな安心感と共にスムーズなゲーム体験をお届け
スタイリッシュな見た目と便利さを誇るミドルタワーケース、空間にエレガントな一台
快速Core i7でタスクを一掃、ハイスペックCPUで留まる場所なし

【ZEFT Z47BJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

自作PCで理想のライブ配信環境を!

自作PCで理想のライブ配信環境を!

自作PC組み立ての基本

ライブ配信の品質を左右する自作PCの組み立てには、適切なパーツ選びと丁寧な組み立て工程が必須です。

まず、高い処理性能を要求されるため、CPUは複数のコアを有し、かつ高いクロック速度を持つモデルが望ましいです。

ゲーム配信を考えているなら、グラフィックカードも性能の高いものを選び、滑らかな映像を確保することが大切です。

配信中のCPUやGPUの熱を効率的に逃すための冷却システムも重要で、適切な冷却ファンやヒートシンクの選択はシステムの安定稼働に寄与します。

次にメモリは、複数のアプリケーションを同時に扱うライブ配信では、十分な容量を備えるべきです。

16GB以上を推奨しますが、より安定したパフォーマンスを求めるなら32GBを見込むのも一つの手です。

ストレージに関しては、速度と信頼性を兼ね備えたSSDを用いることで、素早いデータアクセスと長期間の使用に耐えうる堅牢さを提供できます。

組み立てに際しては、静電気対策を怠らず、地に足のついた慎重な姿勢で作業を進めることが重要です。

事前にマザーボードのマニュアルを熟読し、各パーツの正しい取り付け方を認識しましょう。

ケーブルの管理にも配慮し、エアフローを妨げないよう、整理された状態で組み立てることが大切です。

結果として、まさに無敵の配信環境が整い、視聴者に高品質なコンテンツを提供できるようになるでしょう。

上記のポイントを抑えた自作PCは、快適なライブ配信のための堅固な礎となります。

配信向け自作PCパーツの選び方

ライブ配信のための自作PCを組み立てる際には、パフォーマンスと安定性の綱渡りです。

特に、高品質な配信を重視する場合、CPUとGPUは非常に重要な役割を果たします。

適切な選択は、ライブ配信の際のエンコーディング処理やゲームプレイの同時実行において、滑らかな映像を提供する基礎を築きます。

CPUには、多数のコアと高いスレッド数を持つモデルを選択し、複数のタスクを同時に効率的に処理できるようにすることが肝心です。

AMDのRyzenシリーズやIntelのCore i7、i9シリーズが良い例です。

一方で、強力なグラフィックスカードは、高解像度での配信や高フレームレートを求められるゲームにおいて必須です。

NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズが推奨されることが多いですが、最新のゲームやVRコンテンツを扱う場合は、特に上位モデルを選択することが望ましいでしょう。

配信における快適な操作性を保つためには、十分な大きさの高速RAMも忘れてはならない部分です。

16GB以上を目安に選択し、できれば32GBを搭載すると、未来でも安心して使い続けられます。

また、ストレージに関しては、OSと配信ソフトウェアをインストールするためのSSDは最低限必要であり、追加で大容量のHDDや追加のSSDを用意することで、録画データの保管や編集にも余裕を持たせられます。

冷却システムも見落としてはいけません。

高負荷時における安定稼働を保つためには適切な冷却が求められ、CPUクーラーやケースファン、場合によっては水冷システムの選択が重要になります。

ケース選びも重要であり、十分なエアフローを確保できる設計のものを選ぶと、全体の温度を効率よく下げることができます。

これらの要素をしっかり吟味して選ぶことで、信頼性とパフォーマンスの高いライブ配信向け自作PCを実現できます。

優れた配信環境は視聴者にとっても配信者にとっても価値があり、そのためにはパーツ選びから丁寧に行うことが不可欠です。

配信をスムーズに! 最適なインターネット環境とは

配信をスムーズに! 最適なインターネット環境とは

配信におけるアップロード速度の重要性

ライブ配信におけるアップロード速度の重要性は圧倒的です。

配信時の映像や音声データは、視聴者に届けるためにリアルタイムでアップロードされる必要があります。

そのため、十分なアップロード速度がなければ、配信中のビデオが途中で途切れる、画質が劣化する、音がずれるなど、数々の問題が発生しかねません。

視聴者体験を第一に考えた場合、スムーズな配信はエンターテイメントの質を左右する非常に大きな要素となるのです。

また、多くの配信プラットフォームでは、高い画質での配信を実現するために必要なアップロード速度が推奨されています。

例えば、フルHD(1080p)での配信を行いたい場合、最低5Mbps以上のアップロード速度が望ましいとされています。

しかしながら、配信中に他のネットワーク使用が発生することも考慮すると、余裕を持った速度、例えば10Mbps以上を目安にすることが賢明です。

要するに、ライブ配信においては、適切なアップロード速度の確保がクオリティを維持し、視聴者に快適な視聴環境を提供するために不可欠です。

配信者が高品質なコンテンツを持っていても、それを支える技術的なバックボーンが不足していれば、そのポテンシャルは十分に発揮されません。

配信者はこの点を深く理解し、最適なインターネット環境づくりに注力することが、成功への鍵となります。


有線と無線、どちらが配信に向いているか

有線と無線、どちらが配信に向いているかについて、ライブ配信を行う際には、インターネット接続の安定性が非常に重要です。

有線接続、すなわちイーサネットケーブルを使用する方法は、信号の安定性と高速性においては無敵の選択肢です。

それに対して、無線接続、つまりWi-Fiは設置が容易な反面、壁や家具、さらには他の無線デバイスからの干渉を受けやすく、配信中の映像や音声の品質に不安定さをもたらす可能性があります。

特に、高画質な映像を配信する場合や、多くの視聴者を対象としたイベントを行う際には、有線接続による堅固なデータ転送速度が求められます。

また、有線接続は、大規模なライブストリーミングイベントにおけるデータのセキュリティ面でも優位性を示します。

しかし、場所の移動が多いストリーマーや、配信設備を頻繁に変更する方々にとっては、無線接続の柔軟性が鍵となるでしょう。

最新のWi-Fi規格であるWi-Fi 6等を用いることで、無線でも十分な速度と安定性を手に入れることが可能です。

そのため、配信環境や個人のニーズによって、最適なインターネット環境の選択は異なるのです。

それゆえに、どちらの接続方法が配信に適しているかは一概には言えず、配信者の状況や要望に応じて適切な選択をすることが、無敵の配信環境を構築する上での大切な鍵となるでしょう。

高品質な配信を目指す方は有線接続を、柔軟さを重視する方には無線接続と、それぞれの長所を活かしたインターネット環境づくりをおすすめします。

ライブ配信PCのトラブルシューティング

ライブ配信PCのトラブルシューティング

配信中のよくあるトラブルと対処法

ライブ配信中のトラブルは、配信を成功させる上で避けて通れない課題です。

例えば、突然の通信不安定から生じる映像や音声の乱れは、視聴者の体験を著しく低下させます。

このような時、まず考えるべきはインターネット環境の確認です。

配信PCとルーター間のケーブルが緩んでいないか、無線接続ならば信号の強度は十分かを確かめ、必要であればイーサネットケーブルによる直結や、信号を強化する機器の設置を検討しましょう。

また、PC自体のパフォーマンス低下も配信の敵です。

CPUやGPUの過負荷は、配信ソフトが正常に機能しない原因となります。

しかし、タスクマネージャーを利用してリソースを消費している不要なプロセスを終了させることで、PCの処理能力を上手に回復させることが可能です。

加えて、定期的な温度監視を行い、熱暴走を未然に防ぐ冷却対策も重要です。

さらに、ソフトウェア関連のトラブルも無視できません。

配信ソフトの設定ミスやバグは思わぬ不具合の原因となります。

しかし、定期的にソフトウェアを更新することで、これらの問題をシームレスに解決できますし、配信前のチェックを念入りに行うことで、設定ミスによるトラブルを大きく減らすことができます。

トラブルは配信者の成長に欠かせない学びの機会であり、それを克服することで無敵の配信環境を構築できるのです。

適切なツールと知識を武器に、安定した配信を目指しましょう。

PCメンテナンスのポイントと予防策

ライブ配信の世界で成功を収めるためには、安定したパフォーマンスを発揮するPC環境が不可欠です。

パソコンのメンテナンスは、トークやコンテンツが光る配信活動に欠かせない陰のサポート役であり、長期的な信頼性を保つためにも重要な要素となります。

このため、定期的にハードドライブの整理またはSSDの健康状態の確認を行い、不要なデータの削除や整理がパフォーマンスの安定性をもたらします。

さらに、OSや配信ソフトウェアのアップデートを適宜実施してセキュリティリスクを避けることにも注力する必要があります。

配信中に遭遇することのある予期せぬトラブルは、しばしばこうした更新の怠りに起因することが少なくありません。

また、ウイルス対策ソフトを最新の状態に保ち、定期的なスキャンを行うことで、マルウェアからPCを護り、配信の品質を守りましょう。

冷却システムの維持もまた、ライブ配信PCの健全性に欠かせません。

熱はパフォーマンスの大敵であり、過熱によるシステムクラッシュを未然に防ぐため、適切なエアフローを保つことが不可欠です。

PC内部の埃を定期的に掃除し、冷却ファンがスムーズに回転しているか確認することで、PCの最適な動作環境を保つ努力が求められます。

これらのポイントに注意を払いメンテナンスをこまめに行うことで、ストレスフリーな配信活動が実現し、視聴者にも満足いただけるクオリティの高いライブ配信を提供できるでしょう。

あわせて読みたい

ゲーミングPCの寿命を見極める! 兆候と対応策

おすすめのPCありますか?

ゲーミングPCのメモリガイド ラグなくスムーズなゲーム体験のために

BTOパソコンをおすすめする理由

決定版! 高性能ゲーミングPC選び方相談所

ゲーミングPCおすすめブログ

最適化された創造力 AI画像生成に必須のおすすめPC

デスクトップPCガイド

音楽制作PCとDAWの選定術 ジャンル別の推奨スペックとは?

BTOパソコンX

ゲーマー必見! おすすめゲーミングPCで勝利を掴め

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

仕事からゲームまで! おすすめデスクトップPC完全ガイド

おすすめのPCありますか?

BTOパソコン カスタマイズでフルに活かすハイエンド選び

ゲーミングPCおすすめブログ

配信マスター必携! 最高のパフォーマンスを誇るゲーミングPCおすすめ

初心者でも分かるBTOパソコン入門

仕事を変えるおすすめ「AI PC」 エキスパートによる選び方

BTOパソコンX

静音PCの選び方 プロが教えるおすすめの環境

パソコンのTierを知ろう

ビデオ編集を快適にするPC選び おすすめのハードウェアとは?

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

映像クリエイターが求めるパソコン 編集作業をスムーズに

デスクトップPCガイド

画像編集用PCの魅力 プロが教える効率的なおすすめハード選び

ゲーミングPCおすすめブログ

ノイズを排除 おすすめ静音PCで理想の作業環境を

BTOパソコンをおすすめする理由

フルカスタマイズ可能! プロがおすすめするBTOパソコンの選び方

パソコンのTierを知ろう

RTX4080 SUPERで勝ち抜く! eスポーツ御用達ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

音楽制作PCの要 これがあればDAWが極限まで使える!

おすすめのPCありますか?

プロの映像クリエイターがおすすめする、パソコン購入完全ガイド

デスクトップPCガイド

画像生成AIを活かす! プロおすすめのPCスペック徹底解説

初心者でも分かるBTOパソコン入門

ゲーム用パソコンの進化! 選び方とトレンド分析

BTOパソコンX

クリエイティブワークに最適! AIイラスト向けおすすめPCリスト

ゲーミングPCおすすめブログ

ゲーム実況完全攻略! 性能別おすすめPCベストセレクション

パソコンのTierを知ろう

ライブ配信初心者向け! おすすめエントリーレベルPC

初心者でも分かるBTOパソコン入門

映像クリエイター冥利に尽きるパソコンの選び方とは?

おすすめのPCありますか?

おすすめのCore i7PCで実現する究極のゲーム体験

デスクトップPCガイド

エスポーツ勝者の選択! トップおすすめBTOゲーミングPC

BTOパソコンX

プログラミング用パソコン革命 プログラマーに贈るおすすめガジェット

BTOパソコンをおすすめする理由

おすすめPCが支えるプロダクションレベルのライブ配信

パソコンのTierを知ろう

プロストリーマーの選び方! ゲーミングPC配信のおすすめ

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次