ゲーム実況パソコンチェックポイント 選ぶ前にこれだけはチェック!

目次

ゲーム実況パソコン選びのスタートポイント

ゲーム実況パソコン選びのスタートポイント

目的に応じたパソコンスペックの理解

ゲーム実況を始める際、適切なパソコン選びは非常に重要です。

最新のハイエンドゲームを快適にプレイし、それをリアルタイムで配信するためには、高性能なCPUとグラフィックカードが必要不可欠になります。

特に、グラフィックカードはゲームの美しい映像を再現する上で中心的な役割を果たすため、ここに十分な資金を割くことをお勧めします。

また、安定したストリーミングを実現するためには、十分なメモリと高速なストレージを搭載することも欠かせません。

さらに、複数のアプリケーションを同時に動かすマルチタスキングの頻度が高いため、CPUのコア数とスレッド数にも目を向ける必要があります。

ゲーム実況では、ゲームソフトの他に配信ツールやチャットアプリが同時に動作するので、これらをスムーズに運用できる能力が求められます。

冷却システムも見落とすことはできません。

長時間のゲームプレイと配信はパソコンに大きな負荷をかけるため、オーバーヒートを防ぐための優れた冷却機能を持つパソコンが理想的です。

静かな環境を保ちつつ効率的に熱を排出する冷却システムは、配信中の音質を損なわずに長時間の使用に耐えるためにも必要です。

最後に、これらのハードウェア仕様に見合った電源容量を備えていることを確認することは、システムの安定性に直結するため、重要です。

電源容量が不足していると、システムが不安定になり、最悪の場合、損傷を引き起こす可能性があるので、この点の見極めも忘れないでください。

バランスの取れた選択を心がけることで、ゲーム実況の質を大きく引き上げ、視聴者に喜ばれる配信を実現できるでしょう。

ゲーム実況動画の種類と必要要件

ゲーム実況動画の種類は多岐にわたり、それぞれの形式に応じたパソコンの要件が存在します。

例えば、単にゲームのプレイ動画をアップロードするだけならば、そこまで高性能なマシンは必要ないかもしれません。

しかし、複数のカメラアングルを切り替えながら実況するライブストリーミングや、高品質なグラフィックスを誇る最新ゲームをスムーズにプレイし配信する場合は、強力なCPU、十分なメモリ、高速なグラフィックカードが要求されます。

実況動画で大切なのは、視聴者にとって快適な視聴体験を提供することです。

遅延やカクつきのない滑らかな映像は、高性能なマシンからの恩恵を受けています。

また、実況者のコメントが聞き取りやすいクリアなオーディオも重要で、それには信頼性の高いオーディオインターフェースやマイクが必要となります。

ゲーム実況者にとって音声は自分の個性を表現する手段の一つであり、視聴者とのコミュニケーションを図る上で欠かせない要素なのです。

さらに、長時間に及ぶゲーム実況では、安定したパフォーマンスを保ち続けるための高品質な冷却システムが求められます。

またストレージについても、大容量のSSDを搭載しておくことで、迅速なデータアクセスとともに、録画した動画データの保存スペースとしても役立ちます。

ゲーム実況に最適なパソコンを選ぶ際には、これらの要件を念頭に置きつつ、自己のスタイルとニーズを十分に理解した上での選択が不可欠です。

最終的には視聴者に喜ばれる実況動画を提供するため、必要な設備を整えることが肝要になるわけです。

ゲーム実況用CPU選定の重要性

ゲーム実況用CPU選定の重要性

ストリーミングに最適なCPUの選び方

ゲーム実況を可能にするパソコンを選ぶ際には、CPU選定が成功の鍵を握ります。

ストリーミングには複数のプロセスが同時に動作するため、複雑な計算処理を素早くこなせるCPUが必須です。

特にゲームプレイの同時処理とエンコード作業を行う必要があるため、高いマルチスレッド性能を持つCPUが好ましいでしょう。

このような状況に対応するためには、コア数とスレッド数が多いモデルを選ぶことが重要です。

ストリーミングに最適なCPUを選ぶ上で、忘れてはならないのが、現代のゲームが要求するハイパフォーマンスも兼ね備えている必要があります。

ゲームのグラフィックが向上するのと歩調を合わせて、CPUも映像処理において支障が出ないような力強さが求められます。

そのため、ゲーム専用の機能を備えたCPUではなく、マルチタスクに対応した高性能なものを選ぶことが望ましいです。

さらに、ストリーミングは長時間に渡って行われることが多いため、高熱によるパフォーマンスの低下を避けるためにも、発熱を抑えて安定したパフォーマンスを維持することができるCPUが適しています。

冷却システムとの相性も考慮する必要があります。

これらの点を押さえ、ゲーム実況に最適なCPUを選定することで、滑らかなゲームプレイとクリアな映像で視聴者に楽しんでもらえるストリーミング環境を作り出すことができます。

ゲーム実況をこれから始めたいと考えている方は、ぜひCPU選びにこれらのポイントを念頭に置いて選定することがお勧めです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41157 2423 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41106 2364 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41106 2364 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38575 2084 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38499 2054 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35497 2240 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35497 2240 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33748 2214 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33748 2214 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32523 2108 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32523 2108 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29244 2045 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28844 1975 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27027 2050 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24631 2109 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24631 2109 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22068 1955 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20356 2021 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19498 1943 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17724 1821 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16040 1783 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16040 1783 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15282 1987 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9071 1752 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9071 1752 公式 価格

複数コアの重要性と最新CPUトレンド

ゲーム実況に求められるパフォーマンスは多岐にわたりますが、中核となるのがCPUです。

とりわけ複数コアの存在はゲーム実況のクオリティに大きく影響しています。

コア数が多いほど、複数のプロセスを同時に処理できるため、ゲームをプレイしつつ、その実況映像をエンコードし、さらに配信するという負荷の高い作業をスムーズにこなせます。

一方で、単にコア数が多いだけでなく、各コアの性能も重要で、ゲームの処理を担うコアと配信の処理を担うコアがバランス良く機能することが求められます。

現在のトレンドとしては、8コア以上を搭載したCPUがゲーム実況に推奨されており、中でもAMDのRyzenシリーズやIntelのCore iシリーズの上位モデルが注目を集めています。

これらのCPUは高いマルチスレッド性能を持っており、特にゲームと配信のダブルタスクにおいてその真価を発揮します。

さらにこれらのCPUには、ゲーム実況時に発生する不意の負荷にも迅速に対応できるよう、ターボブーストやプレシジョンブーストといった技術が組み込まれており、必要に応じてクロック周波数を一時的に引き上げることが可能です。

このように、最新のCPUは単なる処理速度の追求だけにとどまらず、実況者が直面する様々なシナリオに適応するための洗練された機能を備えているため、選定時にはこれらの点を確認することが非常に重要です。

適切なCPUを選び出すことで、安定したゲーム実況環境を構築でき、視聴者に快適な視聴体験を提供することが可能となります。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FA

ゲームも仕事もこれ一台、ハイグレードゲーミングPC
グラフィック抜群、高速メモリにSSD、バランスが魅力
手のひらサイズでも、パワーは大迫力コンパクトマシン
Ryzen 7の3Dパワーで、あらゆる処理をサクサクと

【ZEFT R53FA スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53FA

パソコンショップSEVEN ZEFT R57GF

パソコンショップSEVEN ZEFT R57GF
【ZEFT R57GF スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R57GF

パソコンショップSEVEN ZEFT R57GE

パソコンショップSEVEN ZEFT R57GE
【ZEFT R57GE スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R57GE

パソコンショップSEVEN ZEFT R44CG

パソコンショップSEVEN ZEFT R44CG

高速な実行力で極限のゲーム体験を支えるゲーミングモデル
直感的プレイが可能、16GBメモリと1TB SSDでゲームも作業もスムーズに
コンパクトなキューブケースで場所を取らず、スタイリッシュなホワイトが魅力
Ryzen 9 7900X搭載で、臨場感あふれるゲームプレイを実現

【ZEFT R44CG スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R44CG

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

グラフィックス性能が決め手のGPU

グラフィックス性能が決め手のGPU

高画質ゲーム実況に適したGPUスペック

ゲーム実況において、高画質な映像は視聴者にとって重要です。

そのため、選ぶGPUスペックは、ハイエンドなゲームタイトルでも滑らかにプレイできるパワーが求められ、限られた予算の中で最高のパフォーマンスを得るために慎重な選択が必要です。

まず、リアルタイムでのゲーム実況には強力な処理能力を誇るグラフィックスカードが必須であり、4K解像度で快適にプレイするには、最新のNVIDIA RTXやAMD RXシリーズのようなGPUが推奨されます。

さらに、実況を行う際のソフトウェアエンコードやハードウェアエンコードを支える技術も見逃すことができません。

特に、NVIDIAのNVENCやAMDのVCEのようなハードウェアエンコーダーはストリーミングの品質を保ちつつ、CPUへの負担を減らしてゲームパフォーマンスを維持するのに重要です。

視聴者が求めるクリアでリッチな画質を実現するためには、これらの機能に対応したグラフィックカードを選ぶことがポイントとなります。

最終的な選択にあたっては、今後のゲームタイトルの進化やアップデートも見越し、将来的にも性能が持続するような余裕を持ったスペック選びが重要です。

目先のコストだけでなく、長期的な視点を持ち、ゲーム実況というエンターテインメントの質を追求する意識が、理想的なゲーム実況パソコン選びには不可欠です。

そして、視聴者に最高の体験を提供するため、グラフィックス性能が高く、しかも将来性のあるGPUを選ぶことが、ゲーム実況者の誇りを支える決め手となるのです。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36136 74293 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30050 73586 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29098 68485 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26137 67663 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23702 55771 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19903 50593 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19214 51243 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17948 45986 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16970 42543 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13444 34688 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13443 35138 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13327 34504 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12449 30449 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10813 31812 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10642 28648 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10633 27563 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7327 19665 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6264 16078 130W 公式 価格

GPUの世代とモデル比較

グラフィックス性能が決め手のGPUを選ぶ際には、それぞれのGPUの世代とモデルに注目することが肝心です。

最新の世代ではより高度な製造プロセスが用いられ、パフォーマンスの向上に対する期待値が上がりますが、必ずしも新しいものが全ての用途に適している訳ではありません。

例えば、ゲームの種類やプレイする解像度、フレームレートなど、実況するゲーム特有の要件を満たすことが重要です。

一方で、現在市場に出ているモデルの中で、かつてはハイエンドであったグラフィックカードがコストパフォーマンスの面で注目されることも少なくないのです。

例えば、新しいグラフィックスカードが登場することにより前世代のハイエンドモデルが価格が下がる場合、その性能が依然として高レベルであれば魅力的な選択肢となるでしょう。

モデル間での比較には、グラフィックスカードのスペックだけでなく、実際にゲーム実況でどのようなパフォーマンスが得られるかを知るために、レビューやベンチマークテストの結果を参照することが推奨されます。

これにより、各モデルの挙動をより具体的に把握することが可能となり、自身のニーズに合った最適なGPUを選ぶ助けとなるでしょう。

また、グラフィックスカードの種類によってはストリーミング時のエンコードを補助する機能を有しているものもありますので、実況者にとってこのような機能も重要な選択基準の一つとなります。

総じて、GPUを選ぶ際には、ただ最新で最も性能が高いとされるモデルに飛びつくのではなく、自らの実況目的に適した性能、コストパフォーマンス、そして将来のアップグレードを見据えたバランス良い選択が求められます。

最終的に、見識を深めつつ納得のいく選択をすることが、快適なゲーム実況経験へと繋がることでしょう。

快適なゲーム実況に不可欠なメモリ容量

快適なゲーム実況に不可欠なメモリ容量

推奨されるメモリ規格と速度

快適なゲーム実況に不可欠なメモリ容量を選ぶ際には、メモリ規格と速度が重要なポイントとなります。

現在市場には様々なメモリ規格が存在しますが、主にゲーミングPCで利用されるのはDDR4という規格です。

これはデータの転送速度が従来のDDR3と比べて大幅に向上しており、ゲーム実況中のパフォーマンス安定性に寄与します。

さらに、メモリの速度を示すクロック数にも注意が必要です。

一般的には3000MHz以上の高速メモリが選ばれることが多いです。

速いメモリはCPUとのデータ交換をスムーズに行うため、複数のソフトウェアを同時に動作させるゲーム実況においては、ゲームの快適性はもちろんのこと、ストリーミングの品質にも直結します。

しかし、ただ速度が速いだけではなく、メモリの容量も重要です。

例えば、多くの現代のゲームは最低でも8GBのメモリを要求しますが、実況を行う場合は16GB、あるいはそれ以上を推奨します。

これにより、ゲームと同時に実況用のソフトウェアや、追加のアプリケーションをスムーズに動作させ、ラグやフリーズのリスクを減らせます。

結果として、視聴者に対して高品質なストリーミング配信を提供することが可能になるのです。

ゲーム実況を行われる際は、これらのメモリ規格と速度、さらには容量を精査することで、最適な実況環境を整えるのに役立つことでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FA

ゲームも仕事もこれ一台、ハイグレードゲーミングPC
グラフィック抜群、高速メモリにSSD、バランスが魅力
手のひらサイズでも、パワーは大迫力コンパクトマシン
Ryzen 7の3Dパワーで、あらゆる処理をサクサクと

【ZEFT R53FA スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53FA

パソコンショップSEVEN ZEFT R57GF

パソコンショップSEVEN ZEFT R57GF
【ZEFT R57GF スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R57GF

パソコンショップSEVEN ZEFT R57GE

パソコンショップSEVEN ZEFT R57GE
【ZEFT R57GE スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R57GE

パソコンショップSEVEN ZEFT R44CG

パソコンショップSEVEN ZEFT R44CG

高速な実行力で極限のゲーム体験を支えるゲーミングモデル
直感的プレイが可能、16GBメモリと1TB SSDでゲームも作業もスムーズに
コンパクトなキューブケースで場所を取らず、スタイリッシュなホワイトが魅力
Ryzen 9 7900X搭載で、臨場感あふれるゲームプレイを実現

【ZEFT R44CG スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R44CG

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

ゲームと同時配信を考慮したメモリ選び

ゲーム実況の世界で優れたパフォーマンスを発揮し、視聴者を虜にするには、メモリの選択が一つの鍵となっています。

特に、ゲームのプレイと同時に行う配信をスムーズにこなすためには、十分なメモリ容量が必須です。

現代のゲームは膨大なデータ量を必要としますし、配信にも一定のリソースが必要ですので、それら全てを同時に処理するためにはメモリがパフォーマンスのボトルネックになり得ます。

快適なゲーム実況を行うためには、少なくとも16GBのメモリを基準に設定しましょう。

もし可能であれば、32GBを検討することで、より安定した環境で実況に臨めることになります。

高解像度でのゲームプレイや、重いエフェクトを使用する配信ソフトウェアを使用する際には、この余裕あるメモリ容量がさらに重要性を増します。

複数タスクをこなす際のラムダ・アクセラレーションとでも言える追加メモリは、配信時のCPUとGPUに負荷がピークに達した瞬間にも温かいバックアップとなるでしょう。

オペレーティングシステムや背景で動くアプリケーション、そして録画ソフトウェアにも快適な作業空間を提供することで、画質の低下や配信の途切れといった不測の事態を避けることが可能です。

重要なのは、メモリの量だけでなく、種類やスピードも適切なものを選ぶことです。

DDR4などの現行メモリは速度も重視されており、これに投資することで、さらに流れるような実況体験を実現できるでしょう。


ストレージの種類と容量の選択

ストレージの種類と容量の選択

高速SSDとは?ゲーム実況用のストレージガイド

高速SSDは現代のゲーム実況におけるストレージの中心選手です。

伝統的なHDDに比べて、データの読み書き速度が圧倒的に速いため、ゲームのロード時間の短縮や、実況中の快適なパフォーマンスを実現します。

特に大容量のゲームや、複数のゲームをインストールしておきたい実況者には、毎秒数百メガバイトという高速転送能力が、ストレスなくスムーズな体験をもたらします。

さらにSSDの種類にはSATAとNVMeという二つの主流があります。

SATAタイプのSSDは先代のHDDと同じ接続口を使用し、手軽に既存のパソコンに追加できる一方、NVMeタイプは新世代の接続規格を採用し、さらなる高速データ転送が可能です。

その結果、ゲーム実況に求められる応答性と速度を追求するなら、NVMeタイプが推奨されます。

容量については、ゲーム実況では高解像度の映像データを扱うため、おおよそ500GB以上を基準としておくと余裕を持った運用が可能です。

もちろん、実況を専門にしていない方や、特定のゲームを主にプレイする場合には、より小さい容量でも十分な場合がありますが、ゲームの更新や追加コンテンツも考慮すると、大容量に越したことはありません。

最終的にゲーム実況パソコンのストレージを選ぶときは、予算とニーズを見極め、将来的な拡張性も考慮して、最適なSSDを選ぶことが成功への第一歩です。

速度、容量、信頼性を兼ね備え、さまざまなシナリオに対応できるストレージは、ゲーム実況のクオリティを高め、視聴者に快適な視聴体験を提供します。

ストレージ容量の目安と管理のヒント

ゲーム実況を円滑に行うためには、ストレージ容量が極めて重要です。

理想的な環境を構築する上で、ゲームのインストールに加えて録画データや編集ファイルを保存するスペースも必要となります。

一般的に、高画質で長時間のゲーム実況を行う場合、少なくとも1TB以上の容量を目安とするべきです。

この数字は、大容量のゲーム数本と数時間分の映像データを快適に保管できる基準を示しています。

ストレージ管理のヒントとしては、定期的なデータ整理が欠かせません。

録画後、編集が終わった不要な映像ファイルは迅速に削除し、容量を確保することがポイントです。

アーカイブが必要な場合は、外部ストレージにバックアップを取ることで、PC内部のストレージを圧迫させることなく環境を最適化できます。

また、ストレージはSSDとHDDの併用が望ましいです。

SSDは速度が速く、ゲームのロード時間を短縮できるため、実況中の快適性を高めます。

一方、HDDはコストパフォーマンスが高く、大量のデータを保存するのに適しています。

ストレージ容量とは、単に数字の大きさだけではなく、どのように活用し、管理するかが重要です。

ゲーム実況をする方々は、必ず絶え間ない容量管理を心がけて、より長く、より安定したパフォーマンスを維持しましょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

安定した配信のためのインターネット環境

安定した配信のためのインターネット環境

アップロード速度の最適値

ゲーム実況をスムーズに行ううえで、配信のクオリティを左右する要素の一つがアップロード速度です。

適切な速度を確保できていないと、視聴者に対して途切れのない映像を提供することが難しくなり、快適な視聴体験を妨げることになってしまいます。

では、具体的にどれくらいのアップロード速度が求められるのでしょうか。

一般的に、ゲーム実況の配信では、少なくとも3Mbps以上のアップロード速度が推奨されています。

これは、720pの解像度で60fpsのフレームレートを維持するライブストリーミングに必要な最低限の速度です。

もし1080pでより高いクオリティの配信を目指す場合は、5Mbps以上が望ましいとされ、4K配信を行う際には15Mbps以上が必要とされています。

アップロード速度が十分にあれば、映像の品質だけでなく、視聴者のコメントやリアクションもタイムリーに反映させることができるため、よりインタラクティブな配信が可能になります。

これによって視聴者とのコミュニケーションが生まれ、ゲーム実況の楽しさが増します。

では、実際に配信の準備をする際にはどうすれば良いのでしょうか。

事前にインターネットプロバイダと相談し、アップロード専用の帯域を確保することや、他のデバイスの使用による帯域の圧迫がないようにすることが重要です。

場合によっては、より高速なインターネットプランへの変更や、配信用途に特化したルーターを設置するなど、環境を整えることも考えられます。

安定したアップロード速度が得られれば、ストレスなくゲーム実況を楽しむことができ、視聴者にとっても魅力的な実況ストリーミングを実現することが可能です。

有線接続とWi-Fiのメリット・デメリット

ゲーム実況において、途切れない配信と高品質なコンテンツを実現するためには、インターネット環境の安定性が欠かせません。

有線接続とWi-Fi、どちらの方法もそれぞれのメリットとデメリットがありますが、実況プレイヤーにとって適切な選択をすることが重要です。

有線接続は安定性と速度の面で優れており、回線への直接接続によって、通信の遅延や不安定さを大幅に軽減できます。

特に、高解像度での配信や複数のカメラを使用したり、画面上で多くの動きがあるゲームを扱う際には、信頼性の高い有線接続が推奨されます。

しかし、配線のトラブルやルーターまでの物理的なピリオドが必要な点がデメリットと言えるでしょう。

一方、Wi-Fi接続は柔軟な設置場所と簡単な接続手順が魅力です。

配線を気にすることなくスペースを有効利用できますし、複数のデバイスを同時に接続することも可能です。

ただし、他の電波との干渉や壁材質による影響を受けやすく、特に多くの人が同じ空間でWi-Fiを利用している場所では、配信中に予期せぬ途切れが生じることがあります。

ゲーム実況において最適なインターネット環境を選択するためには、自身の配信スタイルと要求される品質を熟考し、その上で環境や状況に応じて最良の接続方法を選択することが大切です。

配信者のみならず、視聴者にとっても快適な体験を提供するためには、このような技術的な配慮が必要不可欠なのです。

視聴者を惹きつける配信環境の構築

視聴者を惹きつける配信環境の構築

ゲーム実況用マイクとオーディオ機器

ゲーム実況用マイクとオーディオ機器は、視聴者にクリアな音声を届け、配信内容をより魅力的にするための重要な要素です。

適切なマイク選びは、実況者の声をクリスタルクリアに伝え、ゲームの臨場感を高めることができます。

そして、オーディオインターフェイスは、マイクや楽器の音をデジタルデータに変換し、配信に必要な高品質のオーディオ信号を生成します。

耳障りなノイズを排除し、生声の温かみや抑揚を忠実に再現することが、視聴者にとって心地よい配信体験を与えるために不可欠です。

また、孤立した部屋のエコーを抑えるためのアコースティックパネルや、マイクスタンド、ポップフィルターのようなアクセサリーの使用も忘れてはならない点です。

これらは、マイクが拾う音の質を向上させ、プロフェッショナルな音響環境を構築する上で役立ちます。

高性能なヘッドセットやスピーカーがあれば、実況中でもゲームの細部にわたる音を逃さずキャッチでき、視聴者にも同様のオーディオ体験を提供することができます。

オーディオ設備を最適化することは、単に声を届けるためだけでなく、ゲーム実況というエンターテイメント性を高めるためにも、極めて重要なのです。

実況者としての信頼を築き上げ、視聴者の心を掴むためには、これらオーディオ機器の選定や環境構築に細心の注意を払うことが求められます。

専用ゲームキャプチャー機器の選び方

ゲーム実況において専用ゲームキャプチャー機器の選び方は、視聴者に高品質な配信を届けるための重要な要素です。

選択に際しては、互換性の確認を始めとして、解像度やフレームレートのサポート、インターフェイスのタイプ、さらには録画されたデータのエンコード方法まで、細かな点に注意を払う必要があります。

高解像度で快適な視聴体験を提供するためには、少なくとも1080pの解像度をサポートするキャプチャー機器を選ぶことが望まれます。

さらに、滑らかな動きを再現できるよう、60fpsのフレームレートのサポートは今日の配信環境では基本となっています。

ゲームとパソコンの接続に利用するインターフェイスは、USBやPCIeなどが一般的ですが、安定したデータ転送を実現するためには、速度と信頼性の高いインターフェイスを選定することが重要です。

また、データのエンコードは、配信の負荷を軽減しつつ、画質を保持するために、ハードウェアエンコードをサポートする機器が推奨されます。

視聴者が求めるクオリティの高いゲーム実況を実現するためには、これらの点を考慮した上で、ゲームキャプチャー機器を選び抜くことが不可欠です。

ライブ配信のレベルを格段に引き上げる適切なキャプチャー機器は、配信者の魅力を最大限に伝える強力なツールとなり得るのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FA

ゲームも仕事もこれ一台、ハイグレードゲーミングPC
グラフィック抜群、高速メモリにSSD、バランスが魅力
手のひらサイズでも、パワーは大迫力コンパクトマシン
Ryzen 7の3Dパワーで、あらゆる処理をサクサクと

【ZEFT R53FA スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53FA

パソコンショップSEVEN ZEFT R57GF

パソコンショップSEVEN ZEFT R57GF
【ZEFT R57GF スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R57GF

パソコンショップSEVEN ZEFT R57GE

パソコンショップSEVEN ZEFT R57GE
【ZEFT R57GE スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R57GE

パソコンショップSEVEN ZEFT R44CG

パソコンショップSEVEN ZEFT R44CG

高速な実行力で極限のゲーム体験を支えるゲーミングモデル
直感的プレイが可能、16GBメモリと1TB SSDでゲームも作業もスムーズに
コンパクトなキューブケースで場所を取らず、スタイリッシュなホワイトが魅力
Ryzen 9 7900X搭載で、臨場感あふれるゲームプレイを実現

【ZEFT R44CG スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R44CG

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

アドバンスドレベルの実力派、快適ゲーミングPCにふさわしい堂々としたパフォーマンス
無駄なく計算されたバランス - 32GBの迫力メモリと1TB SSDの組み合わせがスピードと容量をコミット
省スペースながら放つスタイリッシュな存在感、透明パネルで魅せるデザイン
Ryzenの力強さが臨場感あふれる体験を実現 - 速度と応答性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R52D-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D-Cube

冷却システムはゲーム実況パソコンの命

冷却システムはゲーム実況パソコンの命

適切なPCケースと冷却ファンの選定

ゲーム実況パソコンにおいて、長時間の高負荷運用を前提としているため、適切なPCケースと冷却ファンの選定は、安定したパフォーマンスを維持する上で極めて重要になります。

ケースの選び方にはポイントがあり、まず内部の空間が広めであること、そして十分な通気口が設けられていること、これらが基本です。

大きなケースだと内部に余計な熱がこもりにくく、効率的なエアフローを確保しやすくなるのが理由です。

また通気口が多いほど、冷却ファンを配置できる選択肢が増え、熱の排出効率を高められます。

冷却ファンについても、その種類と配置には高い専門性が求められます。

大きめで静音性に優れたファンを選べば、冷却能力を維持しつつ、騒音を抑えることが可能です。

実況中はマイクに不必要なノイズが拾われるのを防ぎたいため、この静音性は非常に重要な要素となります。

事前にケース内の配線やコンポーネントの配置を考慮してファンの配置計画を立て、最適なエアフローを作ることで、CPUやGPUなどの熱くなりやすい部品を効果的に冷却することができます。

結果的にゲーム実況パソコンのパフォーマンスが向上し、ハードウェアの耐久性も高まります。

高品質な冷却システムについての選定は投資に値するものであり、長時間のゲーム実況における信頼性と快適性を実現するために、PCケースと冷却ファンの正しい選択は、ゲーム実況パソコンにとって切っても切り離せない、重要なチェックポイントです。


水冷と空冷の違いとは?

ゲーム実況を快適に行うためには、パソコンの性能維持が重要なポイントであり、その一翼を担うのが冷却システムです。

冷却システムには主に水冷と空冷の二つのタイプがあり、それぞれに特徴があります。

水冷システムでは、冷却水を用いて熱を効率的に放熱します。

高温になりがちなCPUに直接水冷ブロックを取り付け、ポンプで冷却水を循瑪させながら熱を外部へと逃がします。

一方で、空冷システムはファンとヒートシンクを用いてパソコン内部の熱を空気によって冷却するものです。

ヒートシンクが高温のパーツから熱を吸収し、ファンがそれを外部へと放出することで温度を下げていく仕組みです。

ゲーム実況では長時間の使用が前提になるため、過熱によるパフォーマンス低下を避けるためにも、効率的な冷却システムの選択が求められます。

水冷システムは優れた冷却性能を持ちつつも、その構造上、漏れるリスクやメンテナンスの手間が伴います。

対して空冷システムは、そのシンプルな構造から安定した冷却を提供し、初心者にも取り扱いやすいという利点があります。

どちらのシステムを選択するかは、使用環境や冷却に求めるレベル、さらには予算との兼ね合いで異なります。

熱によるパフォーマンス低下を避けて、滑らかなゲーム実況を目指すためには、適切な冷却システムが欠かせません。

ゲーム実況パソコンを選ぶ際には、水冷システムか空冷システムかをあらかじめ検討し、自身のニーズに合った冷却環境を整えることが大切です。

そうすることでパソコンは長時間にわたる激しいゲームプレイにも耐え、実況者のみなさんをしっかりと支えてくれるはずです。

ゲーム実況パソコンのアップグレードポテンシャル

ゲーム実況パソコンのアップグレードポテンシャル

将来的な拡張性を見越したパーツ選び

ゲーム実況の世界では、高いパフォーマンスを維持するために計算されたパーツ選びが不可欠です。

特に将来的な拡張性を見越した構成にすることは、長期にわたって活動を続ける上で賢明な選択と言えます。

マザーボードの選定では、利用可能な拡張スロットの数やタイプを事前に確認し、必要に応じて増設できる余地を残しておくことが大切です。

また、CPUとGPUは性能向上の中心となるコンポーネントで、将来的なアップグレードを見据え、現時点での最高水準またはそれに近い性能を選ぶことで、技術の進歩に柔軟に対応できます。

メモリーについては、最初の構成では必要最低限の量を装備し、母艦であるマザーボードに空きスロットを確保しておくことで、ゲームや配信のニーズが増加した際に追加できるようにします。

ストレージもまた重要で、システムやゲームの起動速度を考慮して、最初はSSDを優先的に選びつつ、データ保管用のHDDや追加のSSDを後から増設可能な設計に心がけることが重要です。

ゲーム実況パソコンのライフサイクルを最大化するためには、見通しの良いパーツ選びが肝心です。

パフォーマンスの進化に合わせてスムーズにアップグレードを図れるように、将来のビジョンを踏まえた構築を心がけましょう。

そうすることで、ゲーム実況者としての持続可能な成長を支え、無駄な出費を抑えつつ、最先端の環境をキープすることが可能になります。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

アップグレード時の互換性チェックポイント

ゲーム実況パソコンのアップグレードポテンシャルを考える際に、互換性は非常に重要なファクターです。

将来的なアップグレードを想定して購入したパソコンが、実際にはマザーボードやCPUソケットの仕様などにより、想定外の限界を迎えてしまうことは少なくありません。

そのため、アップグレードを行う際には、まず現在のシステムでサポートされているハードウェア規格を確認することが肝心です。

例えば、CPUを交換する場合、マザーボードのCPUソケットが新しいプロセッサと互換性があるかどうかをチェックする必要があります。

同様に、メモリーもDDR3からDDR4等への変更を検討する時は、マザーボードが対応しているかどうかを見極めなければなりません。

さらに、ビデオカードを最新のものにしたいと考えたときには、電源ユニットが十分な電力を供給できるか、またPCI Expressのスロット規格が合っているかも確かめることが求められます。

アップグレードする際の互換性をチェックすることは、ゲーム実況に適したパソコンの持続可能性を高め、コストパフォーマンスを最適化するうえでキーとなります。

この確認を怠ると、次にパーツを選ぶ時に限られた選択肢しかなくなったり、最悪の場合は全体を取り替えなければならなくなることもあり得ます。

ですから、次世代のゲームや高度な実況を行うためにも、アップグレード時の互換性チェックは手を抜かずに行うべきです。

あわせて読みたい

ゲーミングPCの寿命を見極める! 兆候と対応策

おすすめのPCありますか?

ゲーミングPCのメモリガイド ラグなくスムーズなゲーム体験のために

BTOパソコンをおすすめする理由

決定版! 高性能ゲーミングPC選び方相談所

ゲーミングPCおすすめブログ

最適化された創造力 AI画像生成に必須のおすすめPC

デスクトップPCガイド

音楽制作PCとDAWの選定術 ジャンル別の推奨スペックとは?

BTOパソコンX

ゲーマー必見! おすすめゲーミングPCで勝利を掴め

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

仕事からゲームまで! おすすめデスクトップPC完全ガイド

おすすめのPCありますか?

BTOパソコン カスタマイズでフルに活かすハイエンド選び

ゲーミングPCおすすめブログ

配信マスター必携! 最高のパフォーマンスを誇るゲーミングPCおすすめ

初心者でも分かるBTOパソコン入門

仕事を変えるおすすめ「AI PC」 エキスパートによる選び方

BTOパソコンX

静音PCの選び方 プロが教えるおすすめの環境

パソコンのTierを知ろう

ビデオ編集を快適にするPC選び おすすめのハードウェアとは?

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

映像クリエイターが求めるパソコン 編集作業をスムーズに

デスクトップPCガイド

画像編集用PCの魅力 プロが教える効率的なおすすめハード選び

ゲーミングPCおすすめブログ

ノイズを排除 おすすめ静音PCで理想の作業環境を

BTOパソコンをおすすめする理由

フルカスタマイズ可能! プロがおすすめするBTOパソコンの選び方

パソコンのTierを知ろう

RTX4080 SUPERで勝ち抜く! eスポーツ御用達ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

音楽制作PCの要 これがあればDAWが極限まで使える!

おすすめのPCありますか?

プロの映像クリエイターがおすすめする、パソコン購入完全ガイド

デスクトップPCガイド

画像生成AIを活かす! プロおすすめのPCスペック徹底解説

初心者でも分かるBTOパソコン入門

ゲーム用パソコンの進化! 選び方とトレンド分析

BTOパソコンX

クリエイティブワークに最適! AIイラスト向けおすすめPCリスト

ゲーミングPCおすすめブログ

ゲーム実況完全攻略! 性能別おすすめPCベストセレクション

パソコンのTierを知ろう

ライブ配信初心者向け! おすすめエントリーレベルPC

初心者でも分かるBTOパソコン入門

映像クリエイター冥利に尽きるパソコンの選び方とは?

おすすめのPCありますか?

おすすめのCore i7PCで実現する究極のゲーム体験

デスクトップPCガイド

エスポーツ勝者の選択! トップおすすめBTOゲーミングPC

BTOパソコンX

プログラミング用パソコン革命 プログラマーに贈るおすすめガジェット

BTOパソコンをおすすめする理由

おすすめPCが支えるプロダクションレベルのライブ配信

パソコンのTierを知ろう

プロストリーマーの選び方! ゲーミングPC配信のおすすめ

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次